IoTのエースはスマートタグ

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IoTという言葉はご存知でしょうか。

IoTとは、Internet of Thingsの略になり、直訳すると「モノのインターネット」になります。

今までインターネットに接続されていなかったモノをインターネットに接続して管理することを意味します。

IoTの流れはここ数年で強くなっており、IoT関連の商品が次々と発売されている状況です。

その中でも特に注目されているのが、忘れ物防止のために開発されたスマートタグです。

今回は、もう二度と忘れ物しないと人気のスマートタグについて紹介します。

TILE

・機能面
2WAYトラッキング:あり
通信有効範囲:100フィート(約30m)
バッテリー:1年

90デジベル以上の音をだすことができ、見失ったとしてもすぐに探しだすことができます。

この音量は、犬の鳴き声やカラオケの音楽と同じぐらいの大きさです。

特に優れているのが、TILEのユーザーコミュニティーです。

紛失した場合でも、アプリ上の「Notify When Found(見つかったら教えて)」ボタンをタップすることで、

他のTILEユーザーがアイテムの近くにいた場合は、そのアイテムの位置情報がスマホに送られます。

つまり、ユーザーが増えれば増えるほど、紛失しても見つけやすくなるのが、この商品の特徴です。

Duet

・機能面
2WAYトラッキング:あり
通信有効範囲:100フィート(約30m)
バッテリー:6ヵ月

スマートフォンとDuetが一定距離離れるとアラートがスマートフォンに送られてきます。

なので、スマートフォンと常に一緒に持ち歩くモノにDuetをつけるのがおすすめです。

TrackR Bravo

・機能面
2WAYトラッキング:あり
通信有効範囲:100フィート(約30m)
バッテリー:1年

おしゃれなデザインが特徴の商品。

ユーザーのコミュニティを使ってアイテムを探すことができる「クラウドGPS」機能も搭載されているので、
紛失した場合でも簡単に見つけることができます。

ただ、日本ではユーザー数がすくないのでコミュニティが活発的でないのがデメリットです。

まとめ

スマートタグは、今後流行すると注目されている商品です。

まだ、今は爆発的な売り上げはありませんが、本格的に人気商品になる前に仕入れて販売することをおすすめします。

注目されていない間から取り扱うことでライバル達と差をだすことができます。

よければ、本記事で紹介した商品を仕入れてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ