あなたは理解してる?「並行輸入品」と「正規輸入品」の違い

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazon輸入ビジネスをする上で、「並行輸入品」と「正規品」の違いは必ず理解しなければなりません。

この2つに加え、「国内正規品」も存在します。

これらの違いを理解しておかなければ、Amazon輸入ビジネスで成功することは不可能です。

本記事では、これらの違いとメリット・デメリットについて説明します。

正規輸入品とは

正規輸入品とは、海外ブランドやメーカーの商品を日本の代理店が輸入して、国内に流通させることです。

これは一般的な方法なので、ご存知の方も多いと思います。

海外メーカー

日本の正規代理店

日本の小売店・販売店

消費者

並行輸入品とは

並行輸入品とは、日本の代理店を介せずに国内に輸入され流通している商品のことです。

海外ブランドやメーカーと直接契約していない第三者が、海外商品を購入して日本に輸入するのことを指し、

この部分が正規輸入品との違いになります。

海外メーカー

海外の小売店・販売店

メーカーと直接関係が無い第三者が購入して輸入

日本の小売店・販売店(もしくは直接消費者へ販売)

消費者

並行輸入品は信頼できる?

「並行輸入品はなんか怪しい、、」と思う方もいるでしょう。

しかし、並行輸入品=偽物ではないということを認識してください。

正規輸入品は、代理店を通して輸入されるので、偽物が入っている可能性はゼロです。

並行輸入品は、第三者が取り扱うので、煮物が混在している可能性はありますが、

実際に偽物を購入する確率はとても低いのが現状です。

正規輸入品のメリット・デメリット

正規輸入品のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・確実に本物を手に入れることができる
・アフターサービスやメンテナンスを受けれる

正規輸入品のメリットは、安全と安心です。

安定性や確実性を求める方におすすめです。

デメリット

・価格が高い

手厚いサービスを受けれる代わりに、値段は高く設定されています。

並行輸入品のメリット・デメリット

並行輸入品のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・価格が安い

サポートはありませんが、価格が安いのが魅力です。

日本では発売されていない商品を入手できることもあります。

デメリット

・アフターサービスがない
・偽物のリスクがある

偽物の可能性があり、一切アフターサービスを受けれないのがデメリットです。

同じ商品、モデルでも、海外版では仕様や細部が違うことがあります。

まとめ

ネットショップで格安で売られている商品のほとんどは並行輸入品です。

初心者の方も必ずこの違いは、覚えておきましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA