【輸入ビジネス】輸入ビジネスには独自ドメインの取得を

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

副業で輸入ビジネスをするなら、独自ドメインの取得をぜひおすすめします。

ヤフオクやamazonなどで海外の商品を販売するのに、独自ドメインは必要ありませんが、商品を仕入れる時には、独自ドメインを持つことで仕入れ先にビジネスパートナーとしてアピールすることができ、交渉が有利になります。

独自ドメインの取得は、輸入ビジネスには欠かせない自社ホームページの作成に必要ですので、副業で輸入ビジネスをする人は、独自ドメインを持つメリットや取得の仕方、自社ホームページの活用法などをぜひチェックしてください。

独自ドメインで事業の信頼度がアップ!

ドメインとはインターネット上の住所のことで、サイトの上に表示される「http://www.○○.com」といったホームページアドレスや、「mail@www.○○.com」など会社のメールアドレスに記載されている「○○.com」の部分をいいます。

自社ホームページを作る時には、この○○のところに開業した輸入ビジネスの屋号などを入れて、独自ドメインを取得します。

独自ドメインは、商品を買う顧客は気にしませんが、商品の仕入れ先は、注文をくれた相手の素性を知る手がかりとして必ず注目するため、独自ドメインを持つことで、価格交渉などをする場合にきちんと対応してくれるでしょう。

ビジネスには何より信頼が大切ですので、独自ドメインがあれば、仕入れ先の業者は相手がビジネスパートナーだと知り、継続した取引が期待できると交渉に応じてくれますが、これが単なる個人のメールアドレスだと、一般の顧客と思われ相手にしてくれないでしょう。

輸入ビジネスにホームページはなぜ必要?

輸入ビジネスにホームページが必要な理由は、どのような商品を販売するのかなど、開業した輸入ビジネスのテーマや目的などを発信し、多くの人にアピールできるからです。

同じ物を売る商売でも、価格の安さを売りにするか、商品の魅力をアピールするかなどいろいろなビジネススタイルがあり、ホームページで紹介することで、顧客や仕入れ先への信頼につながるでしょう。

独自ドメインの取得の仕方

独自ドメインの取得は、ホームページの開設と同時に「エックスサーバー」などのレンタルサーバーに登録をします。

ここで気になるのは「.com」の前につけるドメイン名です。

ドメインはインターネット上の住所ですので、世界に一つしかない名前にする必要があります。

輸入ビジネスの屋号を自分の名字などにしている人は、例えば「suzuki.com」や「tanaka.com」といったドメイン名はすでに使用されて使えないことがあるので、名字の後に販売する商品名をつけるなどしてオリジナルのドメインを考えます。

例えば、輸入ハーブティーを販売するなら「suzuki-camomaile.com」のようにハーブの名前を入れるなど工夫して、使用可能なドメインを作成しましょう。

まとめ

輸入ビジネスをするなら独自ドメインを取得し、必ず自社ホームページを開設しましょう。

独自ドメインを持つことで、仕入れ先にビジネスパートナーとして信頼され、価格交渉などにも親切に対応してくれます。

独自ドメインは、ホームページの開設時にレンタルサーバーに登録をすることで簡単に取得できますので、ぜひとも取得してビジネスチャンスを拡大し、副業の輸入ビジネスを成長させましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ