ラウドロックを輸入しよう

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラウドロックバンドというジャンルをご存知でしょうか?

ラウドロックバンドとはロックバンドの一種で、その名称のとおりラウド(=うるさい)という意味で、

大きい音で演奏、歌うロックになります。

ルーツとしてはハードロックやヘヴィメタルになり、激しいロックのジャンルですが、

テクニカルの要素を抑え、メッセージ重視の楽曲がメインです。

「FUJI ROCK FESTIVAL」や「SUMMER SONIC」にもラウドロックバンドのアーティストが多く出演します。

今、音楽業界を賑わせている海外のラウンドロックバンドについて説明します。

KILLSWITCH ENGAGE

デスメタルからの影響を受けつつ、

ニューメタルよりもさらにヘヴィメタル的なサウンドとして有名なKILLSWITCH ENGAGE。

2000年代半ばから徐々に人気に火がつき始め、

メタル系の音楽が好きな若者の間では彼らの存在を知らない人はいないぐらい有名です。

LINKIN PARK

「ニューメタル」というジャンルを確立させたバンドLINKIN PARK。

彼らは2000年にデビュー、今年でデビュー17年目とベテランの領域に達しています。

ミディアムテンポの曲調にクリーンボイスでシャウト、スクリームする新しいスタイル。

それに加え、韻を踏んだりとラッブのスタイルも融合させた彼らにしかできない曲が人気の理由。

彼らのデビュー作「HYBRID THEORY」は全世界で2000万枚を超える大ヒットを記録。

一瞬にして全世界にその名を轟かせました。

独自の音楽スタイルと驚異的な知名度で現在は敵なしの状態になっています。

CONVERGE

1990年代はじめから活動開始、今やハードコアなバンドとして絶大なる支持を集めている、

ボストン出身の4人組バンドCONVERGE。

ハードコアかつテクニカルな演奏でパンク、ハードコアのファンから大きな支持を得ています。

今は9thアルバムに向けて月楽曲制作に注力しています。

2013年以来となる来日も決定しており、日本でもファンが増加しています。

まとめ

日本ではまだまだ知名度の低いラウンドロックですが、そのファンは日本でも着実に増えています。

輸入ビジネスの視点からすると、ライバルが少なくニッチなジャンルなので輸入する商材としてはピッタリです。

音楽は劣化することもなく、輸入する過程で破損する可能性も低いのでリスクが非常に少ないのが特徴です。

ニッチな音楽のジャンルは輸入ビジネスからすると宝の山かもしれません。

この機会に輸入を検討してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ