【輸入ビジネス】バーチャルYouTuberのファンが増殖中!ここまで人気の理由とは

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
バーチャルYouTuberという3Dキャラクターを使った動画が今話題になっています。

今やテレビ展開や広告マーケティングにも起用されているバーチャルYouTuber。

なぜここまで人気になっているのでしょうか?

バーチャルYouTuberとは

バーチャルYouTuberとは、人間ではなく、3DCG技術を用いて作られた仮想キャラクターのことです。

声は合成ではなく、ちゃんと人の声を収録して制作されています。

バーチャルYouTuberは2011年にAmi Yamatoが誕生して以来、キズナアイなど人気キャラクターが名を馳せ、

今ではYouTube業界の一大ジャンルにまで成長しました。

バーチャルYouTuberの作り方

バーチャルYouTuberは「モーションキャプチャー」という先端技術を使って製作されています。

人間が光を反射するマーカーを付けた服を着用し、その動きを3Dに落とし込むことで、バーチャルYouTuberの動画が作られます。

顔や声に関しては、人間が専用のヘッドギアをつけて顔の細かい表情を表現したり、声優の声を使って、本格的な制作が進められてきました。

バーチャルYouTuberが人気の理由

キズナアイを筆頭に、ミライアカリ、輝夜月、シロ、のじゃロリおじさんが続き、

チャンネル登録者数が30万人を超えている現状をバーチャルYouTuberブームと言われています。

バーチャルYouTuberがここまで人気になった理由は、ニコニコ動画にバーチャルYouTuberの動画が転載され、

ランキング入りしたことがきっかけと言われています。

2018年以降もバーチャルYouTuberは知名度を広げていくと言われています。

グリーがバーチャルYouTuber事業に参入

大手ゲーム会社のグリーがライブエンターテイメント事業を担う「Wright Flyer Live Entertainment」という会社を設立しました。

この会社は、バーチャルYouTuberの発掘、育成、マネジメントをメイン事業とし、100億円もの資金を投資すると言われています。

グリーはこれまでゲーム事業、VR事業で培ったノウハウの強みを生かして、

今回のバーチャルYoTuber事業の拡大を進めていきたいとのことです。

まとめ

バーチャルYouTuberとは人間を使って最先端技術を駆使して作られた、新たなYouTubeのジャンルでした。

バーチャルYouTuberを制作するための機器は海外輸入ビジネスでも多くの需要をもたらすことでしょう。

今後もさらに人気のキャラクターが出て来ることを期待したいですね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ