ウェアラブル端末って何?今話題の健康管理機器を紹介します

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウェアラブル端末という健康管理機器をご存知でしょうか?

都市部で若者を中心に、人気が広がっているようです。

今回は、ウェアラブル端末の機能や種類について説明していきます。

ウェアラブル端末とは

ウェアラブル端末とは、最先端型の健康管理機器の名称で、

日々の歩数・心拍数・消費カロリー・睡眠メカニズムなどを計測することができます。

ウェアラブル端末の特徴としては、携帯電話やパソコンのような持ちあるく機器ではなく、

体に身に着けて使用する機器です。

なので、運動中に邪魔になることなく、使用することができます。

ウェアラブル端末で使える機能

ウェアラブル端末で使える機能は、上記で説明した、健康管理の計測だけでなく、

通話やメール、SNSの着信を端末に表示させることができます。

さらに、拡張現実技術(AR)と言って現実世界とゲーム世界を一体化させる機能があり、

より臨場感のある世界観でゲームを楽しむことができます。

ウェアラブル端末の種類

ウェアラブル端末には、リストバンド型、メガネ型、クリップ型の3種類があります。

一番有名なのは、リストバンド型で、腕に装着することで健康状態を計測することができます。

メガネ型は拡張現実技術(AR)がついており、周りの風景に画像を表示してルートナビゲーションをする機能、

センサーで集めた情報を視界中に表示させて作業効率を上げる機能があります。

クリップ型は万歩計のような形で、ベルトやポケットにぶら下げて使います。

なので、最新技術や未来型の形体が苦手な中年やお年寄りに人気です。

ウェアラブル端末はどれだけ売れているの?

ウェアラブル端末は、2017年にアップル社が1770万台売り上げ、
業界トップを走りました。

次位にフィットビットの1540万台、中国の小米が続きます。

ウェアラブル端末の市場は世界でどんどん拡大しており、

前年度比較の売り上げ伸び率は年々数十パーセントも上昇しております。

具体的な売り上げ台数は、2017年に2億2390万台を記録、

2020年には3億2278万台になると予想されています。

ウェアラブル端末がおすすめの人

ダイエットの補助として使いたい人

普段ダイエットをしている人は、ウェアラブル端末があれば

一日の食事内容や摂取カロリーを確認できるので、おすすめです。

質の良い睡眠をとりたい人

ウェアラブル端末を身に着けて寝ることで、自分の睡眠時間と睡眠の質を計測でき、

どのように改善していけばよいか、計画を練ることができます。

まとめ

ウェアラブル端末には様々な機能、種類があり、

ダイエットをしたい人、質の良い睡眠をとりたい人におすすめの機器でした。

一度ものはためしに購入して使ってみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ