メルカリNOWがAmazonに与える影響とは!?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メルカリは、国内最大級の会員数を誇るフリマアプリになり、注目を集めているサービスになります。

過去にも何度かメルカリについて紹介しましたが、今回はメルカリが発表した新サービスについて説明します。

本記事で取り上げるメルカリの新サービスが「メルカリNOW」です。

2017年11月27日に発表した新サービスなので、詳しく知らない方が多いと思います。

メルカリNOWの登場によって、「二次流通市場がどのように変化するのか」、

「Amazon輸入ビジネスにどのような変化を与えるのか」このあたりを解説します。

即金性が高まる二次流通ビジネス

メルカリなどのフリマアプリは、商品を出品してから購入されるまでにタイムラグがあり、即金性が低いことがデメリットです。

この弱みを克服するために、リリースされたのがメルカリNOWになります。

出品が完了するまでの大まかな流れは以下のようになります。

STEP1.出品する商品をカメラで撮影
STEP2.商品のブランド、カテゴリー、状態を選択
STEP3.撮影された商品を査定
STEP4.商品を出品する

現在は、レディース、メンズの服飾品に限定しており、あらかじめ決められたブランド物のみ出品できます。

査定にはほどんど時間がかからず、すぐに査定額が表示されます。

他のメルカリNOWの特徴はこのようになります。

・カメラロールに保存された写真では、査定不可
・査定金額の上限は2万円
・メルカリでの取引データを元に、査定する
・1日の買取金額は上限1000万円
・使用するためには、本人確認書類、本人名義の銀行口座が必要

すでにこのようなサービスを始めている「CASH」は、メルカリNOWのサービスが発表された同日、

最低買取金額1000円以上を保証することを発表しました。

即金性を重視する二次流通ビジネスは、競争がますます過激化する展開になります。

Amazon輸入ビジネスに与える影響

仕入れ

即金性が高まることで中古品を出品するユーザーが増加する可能性が高いです。

海外の珍しい商品は、買取しているサービスが少なく、メルカリNOWを利用して売りにだされるかもしれません。

今後は、メルカリで仕入れて、Amazonで販売する流れが定着するでしょう。

在庫処分

輸入ビジネスの悩みの種といえば、在庫です。

即金性が高いメルカリNOWを利用して、在庫を処分して、新しい商品を輸入することができます。

まとめ

商品を販売できるプラットフォームは、Amaoznだけでなく、他のサービスも次々とリリースされています。

様々なツールを上手く使って、稼ぐようにしましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA