ネット出前市場が急拡大!外食産業までもネットで完結する時代に

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ネット出前」という言葉は聞いたことがありますか?

今では様々な分野でネットを経由することが多いですが、

外食産業まで主流になりつつあります。

現在のネット出前市場の現状やどのような仕組みになっているのか、

詳しく見ていきましょう。

ネット出前市場が人気上昇中!

ネット出前市場の現状

田舎では、まだ外食と言えば、

家から出て店舗で食事を取るというのが一般的ですが、

都内では宅配をしてもらう形態が徐々に増えているようです。

今現在この市場は夢庵など外食店をまとめる、

大手外食チェーン企業の「すかいらーく」が牽引しています。

学生や単身者や主婦に人気

ネット出前サービスは、一人暮らしの学生や、

近場にスーパーやコンビニがない単身のサラリーマンに大きく需要があるみたいです。

あとは子育てや家事でなかなか外出できない主婦の利用も増えてきました。

ネット出前を新聞配達員が配達する「シェアデリ」

ネット出前サービスの配達方法にも注目が集まっています。

新聞配達員にデリバリー委託

自社で宅配作業員やバイクなど宅配手段を持っていない会社は、

グループを作り、一つの新聞販売店に委託する「シェアデリ」という取り組みを始めています。

この場合、新聞配達員は、新聞と食品を配達する時間帯、使用するバイクを別にし、

衛生面での配慮もされています。

ここで疑問なのが、「新聞配達もしながら食品の配達もして過労にならないのか?」

ということですが、

やはり新聞配達員は学業や本業で忙しく、時間が取れない人が多いので、

別途アルバイトを募集して雇っているみたいです。

新聞配達店が「シェアデリ」を受け入れた理由

近年、若年層を中心に、新聞離れが加速しています。

新聞配達店はお年寄りの購読だけでは食べていけないのが現状です。

そこで、外食チェーン企業のネット出前サービスである「シェアデリ」に目を付けました。

配達手段を持っていない外食チェーン企業と新聞配達店のwinwinの関係が

将来的に長く続いて行くだろうと予想されています。

外食産業以外のネット出前サービス

外食産業以外でも、ネット出前サービスは盛んに行われています。

お手軽な料理キットサービス

大手食材宅配サービス企業のヨシケイを中心に、

「栄養バランス」「時間短縮」が徹底された料理キットの宅配が人気を博しています。

値段はそこまで安くはないですが、

時間がかからず、手短に作れ、栄養もしっかり計算されている、

1品料理のセットを求める人の数が増えているようです。

まとめ

ネット出前サービスは、ユーザー側だけでなく、

販売者側にとっても大きく利益をもたらすものでした。

このように、関わる全ての人が喜べるオンラインサービスは社会をよりよくしていくでしょうね。よくしていくでしょうね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ