東京ミッドタウン日比谷がオープン!六本木に続く人気商業施設となるか?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京ミッドタウンの2号店が2018年3月29日に日比谷にオープンしました。

日比谷ならではの上質な街の作りや時間の流れを生かした商業施設となるようです。

東京ミッドタウン六本木と日比谷の違い

東京ミッドタウン六本木は「Diversity」「Hospitality」「Creativity」「On the Green」の4つの要素を盛り込んだ施設を完成させました。

一方、日比谷はその4つのテーマにさらに「In the Park」「Entertainment」「Elegance」のテーマを加え、

「心が豊かになる街」、「新たな芸術文化・エンターテインメントを発信する街」 、

「文化的刺激に溢れ、本物を知る大人たちが集う街」というコンセプトを付け加えようとしています。

東京ミッドタウン日比谷の目指す街づくり

日比谷は明治時代以降、芸術文化、エンターテイメントなどで、近代化をリードする街でした。

外交官をもてなすために作られた鹿鳴館や帝国ホテルなどの社交場、

「日比谷公会堂」や「東京宝塚劇場」などの音楽の聖地で溢れ、ゆったりとした時間が流れる大人な街に合わせて、

「経年優化」の街づくりを進めています。

街づくりだけでなく、日比谷を素敵な街だと印象に残してもらうよう

「JAPAN VALUE」を世界に発信しつづけるというコンセプトを元に、

外国人観光客に対するホスピタリティも徹底していくようです。

東京ミッドタウン日比谷のフロア構成

東京ミッドタウン日比谷は、地上35階、地下4階で延床面積約189,000m2の

オフィスとショッピングフロアから成る大型商業施設です。

地下1階~7階が商業フロアとなり、9~10階のロビーフロアを挟んで、

11~34階がオフィスフロアとなっております。

商業フロア

商業フロアは日比谷公園を一望できるレストランやファッションフロア、

ライフスタイルショップが併設され、TOHOシネマ映画館など、多種多様な全60店舗が展開されるようです。

オフィスフロア

オフィスフロアは都会のオフィスワーカーのために緑溢れるスカイガーデンやスカイラウンジが設置され、

フィットネススタジオ、女性用パウダールーム、コンビニなど、働く人達に気を利かせた作りになっております。

まとめ

東京ミッドタウン日比谷は六本木とはまた一味違った、「経年優化」を意識した作りでした。

2020年の東京オリンピックに向けて日本のホスピタリティを存分に発揮できる場所となればいいですね。

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA