インスタカート Instacartという買い物代行が話題!気になるそのシステムとは?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入/サスペンド関連」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インスタカートと呼ばれるオンラインでの買い物の代行サービスが話題になっています。

最近はUberやAirbnbなど、シェアリングエコノミーが流行っていますが、
このインスタカートとはどのようなものでしょうか?

ネット通販大手企業アマゾンとの違いなどを説明していきます。

インスタカートとは

インスタカートとは、ユーザーがネットで買いたい商品を注文して、
それを見たフリーランスの人達がスーパーや小売業社に出向き、
専用のレジで実際に商品を購入して自宅まで届けるというサービスです。

注文してから家に届くまで1時間という時短サービスということで注目を集めています。

インスタカートはみんながwinwinになれるサービス

インスタカートは手軽に買い物を済ませ、時間を節約したいというニーズ、
商品の回転を良くしたいという大手小売店のニーズ、
空き時間を使って少しでもお金を稼ぎたいというニーズ、全てをマッチングさせています。

インスタカートと他者との違い

インスタカートはアマゾンや、自社で在庫を持ってユーザーに販売し届けるフレッシュダイレクト
と違い、ユーザーと顧客を結びつけるだけのサービスです。

この場合客層は変わらないので、競争が激化し、今後はインスタカートに似た様々なサービスが生まれると思われます。

ニューヨーカーや大都市などの時間が無い人々にとってはとても便利な時代になりました。

インスタカートのアマゾンとの差別化

アマゾンが生鮮食品の販売サービスを拡大しているというプレッシャーがある一方で、
インスタカートは自社と契約すれば売り上げの60~90%を得られるといううたい文句で、小売業者と契約しております。

インスタカートは様々な企業と提携

インスタカートは、全米最大のスーパーマーケットチェーンのクローガーと4年の提携の末提携を結び、
企業価値が約34億ドルを突破しました。

コストコとはすでに提携を結んでおり、今後はほとんどの主要な小売業者を傘下に入れ、
海外進出をどんどん進めていくとのことです。

インスタカートの節約術がすごい

インスタカートはボトルデポジット(空き瓶リサイクル料金)を抑えることで、
4億ドルの資金を節約することに成功しました。

アメリカではボトルデポジットが1件につき35セントかかるところを、
インスタカートは20セントに抑えたのです。

これで、企業価値を一気に高めることができました。

まとめ

インスタカートはユーザー、フリーランサー、小売業者全てに利益をもたらす画期的なサービスでした。

今後の展開に注目です。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ