ギター関連は輸入できない?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海外輸入として、仕入れる商品ジャンルの中にギターなどの楽器があります。

ギターや楽器関連の商品の中には、輸出入が規制されている物があるので

仕入れの際には気をつけましょう。

今回は、個人輸入が規制されているギター関連について紹介したいと思います。

ローズウッド全種、ブビンガにはワシントン条約による輸出入規制

ワシントン条約によって、輸出入が規制されている楽器があります。

2016年9月末頃から10月初旬頃に南アフリカ共和国のヨハネスブルグにて、

ワシントン条約批准国による第17回ワシントン条約会議で、ローズウッド全種、

ブビンガの輸出入規制が決定されました。

2017年1月2日から実施され、ローズウッド全種、ブビンガが使用されている

全ての楽器の輸出入が規制されているので、

これまでギターなどの楽器を扱っていたセラーは注意してください。

アコースティックギターのボディやギター・ベースの指板には

よくローズウッドが使用されていて、定番の材料となっていました。

ローズウッドの中でも特に希少とされていたブラジリアンローズウッドは、

以前からワシントン条約によって規制されていましたが、

今回はローズウッド全種ということなので、輸入セラーのみならず、

海外の有名メーカー・ブランドや国内で楽器を製造する工房は

大きな打撃を受けることになりそうです。

申請すれば輸出入できる

今回の条約で、規制はされてしまったもののローズウッド・ブビンガが使用された楽器は、

付属書IIへの掲載、産地の証明・申請をして、CITES輸出許可・再輸出証明書を

取得することで、商用として輸出入することはできます。

しかし、CITES輸出許可・再輸出証明書を取得するのは非常に困難で、

メーカーなどのビジネスレベルならともかく、個人輸入をしているレベルでは

かなりハードルが上がったと言えます。

まとめ

今年2017年1月2日からワシントン条約にローズウッド全種、ブビンガが追加され、

輸出入が規制されました。

申請すれば個人でも輸出入は可能ですが、個人レベルでやるには

時間と手間がかなりかかりそうです。

 

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA