モノタロウが初の実店舗を開業開始!しかもAI無人店舗

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大手工具通販会社のモノタロウがソフトウェア会社のオプティムと提携して、無人店舗を開業することに決めました。

モノタロウが実店舗を開くのは初の試みで、しかも無人店舗とのこと。

その内容について詳しく説明していきます。

モノタロウとは

モノタロウは工具や消耗品など約1500万点を揃えており、全国各地の物流拠点から、

ネットで注文したユーザーに配送するシステムです。

1日に多くて50万個商品を配送しており、今回実店舗経営に踏み切った理由としては、

「実際に顧客と関わって様々なサービスを提供していきたい」との思惑があります。

モノタロウの無人店舗の概要

モノタロウの無人店舗は、まず客がQRコードをかざして店内に入店することになります。

そして、そこで買いたい商品をレジに持ってきて、QRコードで会計を済ませるというもの。

店内には防犯カメラが設置してあり、客の行動を隈なく監視できる仕組みです。

オプティムの社長は、画像認証による瞬時の会計や、客の行動分析など、強化すべきとこはたくさんあると話しています。

無人店舗と言えば、アメリカのアマゾンが「アマゾン・ゴー」を展開するなど、今後広まってくると予想されています。

モノタロウのAIシステムでできること

モノタロウは、店内にAIを設置することで、売れ筋商品の分析や、

万引きや不正行為などをさせないような安全性向上を目指しています。

実際に営業を開始する前の検証は、都市部や中小企業が集まる場所で行われるということです。

モノタロウの無人店舗が佐賀大学に

モノタロウの初の取り組みである実店舗開業は、場所は佐賀大学本庄キャンパス構内と決まりました。

取り扱う商品は工具や資材、作業服など約2000点で、学校関係者以外も利用できるとのこと。

佐賀大学ストアでの購入方法

まずはモノタロウ店舗アプリを起動し、そこから佐賀大学ストアの入店コードを発行します。

それから棚に並んである買いたい商品のバーコードをスキャンし、専用のバスケットに入れていきます。

欲しい商品を全部バスケットに入れ終えたら、アプリ内の決済画面で決済ボタンをクリックすれば終了です。

最後にアプリにある退店用のQRコードを退店ゲートにスキャンして、出ていきます。

まとめ

通販専門でこれまで大きな業績を収めてきたモノタロウですが、

実店舗としてAI店舗を佐賀大学構内に開業するということでした。

オプティムと提携して、国内のAI店舗発展のために様々な実例を見せてくれることでしょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ