スニーカー通勤が今話題?国民の運動不足に黄色信号!

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スニーカー通勤という言葉をネット上で目にするようになりました。

都心のサラリーマンの運動不足解消として打ち出された計画です。

果たしてその内容はどのようなものでしょうか、詳しく見ていきます。

スニーカー通勤とは

スニーカー通勤とは、20代~40代の働き盛りの大人を対象に、
運動不足の解消を目指そうと、スポーツ庁が打ち出した計画のことです。

スニーカーで通勤すること以外に、しわが付きにくい生地のスーツや、
ウオーキングに適したリュックサックの開発も進められています。

20代~40代の運動不足が深刻

調査によると、国民の67%が運動不足だと感じており、
30歳代では72.8%、40歳代では82.1%と深刻な数字になっております。

スニーカー通勤でスポーツを身近なものに

国民の健康意識向上を推進

スニーカー運動で、国民のスポーツ実施率を65%まで上昇させることが目的です。

具体的には、1日にプラス1000歩の歩行数を増加させる計画。

男性であれば、1日に8000歩、女性であれば、1日に7000歩歩く週間にするのが目標です。

通勤の服装を身軽なものに

スポーツ庁は、健康志向が高い欧米を中心に流行っているスーツ+スニーカーを参考に、
歩きやすい服装での通勤を推奨しています。

クッション性のあるスニーカー、伸縮性のあるスーツ、防水性のあるカバンなどを開発する、
「FUN+WALK PROJECT」というプロジェクトを立ち上げました。

スニーカー通勤はファッション性を追求

スニーカー通勤はスポーツに適した機能性だけでなく、
見た目やブランド力などのファッション性も考えられています。

グッチやエルメスなどのハイブランド企業がこのスニーカー通勤に着目し、
自社オリジナル製品を開発しようとしています。

スニーカー通勤はクールビズに似ている

東日本大震災後の節電運動を機に発足したクールビズという運動。

スニーカー通勤はクールビズに似ている社会運動としても注目されています。

今回は国民の健康維持に着目しているということで、
前回とはまた違った取り組みや方針が求められています。

スニーカー通勤で変わる生活習慣

スニーカー通勤が一般的になると、仕事帰りにそのままジムに通ったり、
公園や運動場で軽く汗を流したり、これまでよりも体を動かす習慣が増えると言われています。

まとめ

スニーカー通勤はクールビズと同じような社会運動で、
より国民のスポーツ習慣を増やすというものでした。

明日にでもスニーカーで会社に通える世の中になればいいですね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA