Amazonなどの3社がヘルスケア会社を設立

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカの大企業である「Amazon.com」「Berkshire Hathaway」「JPMorgan Chase」の3社は共同で、

従業員向けヘルスケア会社を設立すると発表しました。

アメリカは日本の様な国民皆保険制度がなく、企業が従業員の医療保険を負担することが多いです。

今回の新会社はその企業の負担を減らす事を目的とした会社です。

そこで今回はこの3社が共同で設立したヘルスケア会社を紹介していこうと思います。

アメリカの医療費問題

アメリカでは以前から医療費問題が深刻化しています。

これに対して「Berkshire Hathaway」のウォーレン・バフェットは

「ヘルスケアのコストの際限ない膨張はアメリカ経済に対して

貪欲な寄生虫のような影響を与えている」と述べています。

日本は海外より保険制度が比較的発展していますが、

アメリカでは高額な医療費が国民の生活に支障をきたしているのが現状です。

これを解決していこうという事で今回のヘルスケア会社が設立されました。

「Amazon.com」「Berkshire Hathaway」「JPMorgan Chase」の3社は世界的にも有名な大企業なので、

今回の新会社設立はアメリカ経済にも大きく影響してくるのではないでしょうか。

新会社の目的

今回の新会社の設立生命の際に「Amazon.com」のファウンダー、ジェフ・ベゾスは、

「〔「Amazon.com」「Berkshire Hathaway」「JPMorgan Chase」の3社は〕

ヘルスケア市場に参入して自らサービスを提供することの困難さを十分認識している。

最終的に、経済システムにおけるヘルスケアの負担を軽減し、

従業員と家族に優れたサービスを提供することによってこの努力が報われるものとしたい」と述べていて

さらに、「JPMorgan Chase」のジェイミー・ダイモンも

「アメリカにおけるわれわれの従業員と家族に優れたヘルスケア・サービスを提供し、

ひいてはアメリカ全体に利益を与えたい」述べています。

このことから、新会社はヘルスケアシステムの技術力やサービスの質の向上、

大幅なコストダウンが目的とされていることがわかります。

さらに、「JPMorgan Chase」のジェイミー・ダイモンが述べている様に、

アメリカ全体のヘルスケアサービスの発展も目的としている様です。

まとめ

今回の新会社は3社の従業員向けのサービスがメインとなる会社ですが

システムの進化により、アメリカ全体の広い範囲のサービスとなるかもしれません。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ