【輸入ビジネス】輸入ビジネスには専用の銀行口座を

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人の銀行口座は、お金を出し入れする金庫として生活に無くてはなりませんが、稼げる副業として注目の輸入ビジネスにも銀行口座が不可欠です。

誰もが最低一つは銀行口座を持っていますが、普段使用している銀行口座は、給与の振込や口座振替などいろいろな取引に利用するので、

副業として輸入ビジネスを始めるなら、専用の銀行口座を持つのがおすすめです。

輸入ビジネスで大きな成功をつかむために、数ある銀行の中から輸入ビジネスに適した銀行口座を開設することも重要ですので、輸入ビジネス専用の銀行口座を作るメリットや、おすすめの銀行口座などの情報をぜひチェックしてください。

輸入ビジネス専用の銀行口座はなぜ必要?

輸入ビジネスを行うメリットの一つは、販売する商品を国内よりも安い値段で仕入れができることです。

専用の銀行口座を開設することで、仕入れや商品の販売といった取引の収支を知ることができ、それらを集計すればどの商品を売れば儲かるのかがわかり、大きな利益を上げるチャンスとなります。

現在盛んなオンラインショップなど、ものを売る商売全てに当てはまりますが、特に海外の商品を買いつけ販売する輸入ビジネスでは、発生したお金の収支をきちんと管理することが重要です。

副業で輸入ビジネスを成功させるために、ぜひ専用の銀行口座を作りましょう。

専用の銀行口座なら確定申告もラク!

輸入ビジネス専用の銀行口座を使うことで、確定申告の書類作成がラクになります。

普段使用している銀行口座では、収支がいろいろと混ざっていてわかりにくいですが、専用の銀行口座なら仕入れと売り上げがすぐに把握できて便利です。

年収20万円を超える場合は副業でも確定申告をする必要があり、輸入ビジネスでしっかり稼ぐなら銀行口座を作りましょう。

輸入ビジネスにおすすめの銀行口座は?

輸入ビジネスにおすすめなのは、ネットバンキングに対応するメガバンクの銀行口座です。

ネットバンキングなら店舗やATMに行かなくても、PCやスマホで振り込みや残高照会ができ、利用者の多いメガバンクは、ヤフオクなどで顧客と直接取引をする場合に手数料が安くなります。

おすすめのネットバンキング口座は、メガバンクで最も店舗数の多い三菱UFJ銀行のUFJダイレクト、郵政公社が管轄する、ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクト、インターネットバンクのジャパンネット銀行や楽天銀行です。

まとめ

副業として輸入ビジネスを始めるなら、専用の銀行口座を持ちましょう。

取引の収支がすぐにわかり、売れ筋の商品を多く仕入れて利益を上げられます。

おすすめはネットバンキングに対応したメガバンクで、自宅にいながら振り込みや残高照会ができるので便利です。

ぜひ専用の銀行口座を作り、副業の輸入ビジネスで成功をつかみましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA