日本未上陸!?仕入れたいヨーロッパブランド3選

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本では海外のファッションブランドがとても人気があり、

輸入ビジネスとしても狙いめなカテゴリになっています。

海外ブランドといっても、メジャーな物からマイナーな物まで幅広くあり、

人気ブランドになってくるとライバルセラーも多く、

競争が激化しており思うような利益が出せないことが多いです。

そんな時には日本で人気かつ、海外でしか購入できないブランドを販売するのがコツです。

今回は日本ではまだ取扱い数の少ない人気ファッション、ヨーロッパブランド3選を紹介します。

Miss selfridge(ミス・セルフリッジ)

ロンドンに拠点を構えるMiss selfridge。

最新のトレンドを組み込んだセンス溢れる洋服に仕上がっています。

人気の理由はデザイン性もですが、手頃な価格で提供されているのが

若い女の子の間で支持されています。

Miss selfridgeはピエール・ガルダンにより始められたブランドで、

海外でもそのデザイン性は高く評価されています。

おしゃれな街ロンドンの女の子たちが愛用するブランドなので日本での関心も高いです。

Primark(プライマーク)

アイルランド・ダブリン発祥のファストファッション。

Primarkはヨーロッパ全域に270店舗を構える超巨大ブランド店で、

特にイギリスでは絶大な支持をされています。

その人気の理由は最新のトレンドファッションが“激安”で購入できるところ。

ヨーロッパの『しまむら」とも呼ばれています。

すべてPrimarkで統一すると安っぽいファッションになってしまうので、

一部を別のブランドに変えるのが基本なのだとか。

低料金でファッションを楽しむならPrimark(プライマーク)で間違いありません。

River Island(リバーアイランド)

イギリス発の老舗ストリートファッションブランド。

River Islandはヨーロッパ全域に300店舗以上ある人気店です。

ここでは、トレンドに左右されないベースアイテムから最新ファッションまで幅広く取り扱っています。

特にレザーを使った商品は質が良く、愛用している人が大勢います。

バッグやシューズといった小物類はかなりおしゃれで、

日本ではあまり見ることのないカラーの使い方やデザインに仕上がっています。

まとめ

今回紹介したファッションブランドは、それぞれのオンラインショップなどで購入することができます。

ファッション関連を仕入れている人は参考にしてみてください。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA