世界の見本市 輸入ビジネスで現地仕入れをしてみたい!

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輸入ビジネスでは様々な商品を販売しています。

その商品の中には、自分で使ったことがなく、まったく興味のない商品もいっぱいありますよね。

ビジネス販売において、商品の価値や使用感を知っておくのも大切なことだと思います。

商品を販売する前に、実際に使ってみて良かった物は、

同じように共感してくれる人がいるので、売れ行きも好調だったりします。

しかし、毎回商品を試すのは、コスト的にも時間的にも不可能に近いです。

輸入ビジネスをしている人の中には、現地に行って

直接仕入れをしてみたいという人もいるのではないでしょうか?

今回はそんな方のために、世界中の商品が見本として展示される、

世界の見本市について紹介したいと思います。

JETRO日本貿易振興機構(ジェトロ)

https://goo.gl/3qsJbW

こちらのサイトでは、世界の見本市・展示会情報がまとめられています。

TOPページから業種別に検索することができ、キーワードや開催地別でも検索できます。

[開催地別に探す]から[すべての国一覧を見る]をクリックすると、全ての開催地が表示され、

[日本]をクリックすると、日本で開催される直近の見本市・展示会が表示されます。

参加するには?

ジェトロは、入場チケットや招待券は発行していません。

参加希望の場合には、希望の見本市、展示会のページから左上にある

「公式ウェブサイトへのリンク」をクリックします。

すると主催者側のサイトに移動するので、案内に従い参加手続きを行います。

見本市ではどんなことができるのか

展示場には、世界中の企業やメーカーが新製品を展示しており、

実際にそれらの製品に触れることができます。

またビジネス契約をする場でもあるので、商談次第では個人契約でき、

その商品を卸販売することができます。

見本市のメリット

一般販売される前の製品を実際に見て触れることができます。

今後販売されると、人気がでそうな商品を事前にチェックできたり、

企業やメーカーと直接契約できる可能性もあります。

開催されるのは日本だけではなく、海外でも行われているので、

興味のある商品があれば現地に行って、直接仕入れることもできます。

まとめ

輸入ビジネスで、現地に行って仕入れをしてみたい人は、

JETROの見本市を活用してみてください。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA