ワーケーションがこれから広まる?有給休暇の取得率低下に歯止めをかける!

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ワーケーションという新しい働き方が今注目されています。

果たしてどのようなものでしょうか。

ワーケーションとは

JALが発表したワーケーションとは、パイロットや客室乗務員を除いた社員が、

7月から8月の間の最大5日間、バーベキューや海水浴を楽しむことができる働き方です。

勤務開始時刻と終業時刻に上司に1日の状況を報告するだけで出勤扱いとなり、基本的には自由時間を満喫することが出来ます。

ワーケーションとテレワークとの違い

これまでJALは、テレワークという在宅勤務システムを導入していました。

このテレワークとワーケーションの大きな違いは、ワーケーションの場合勤務する場所の自由が保障されているということです。

テレワークが自宅や、上司があらかじめ決めた場所での勤務を強制していたのに対し、

ワーケーションは「働く場所の制限を無くす」ことを主目的としています。

ワーケーションの目的

今回JALがワーケーションを始めた大きな理由は、新しい時代の働き方を導入したいという気持ちがあったからです。

日々のリフレッシュ

いつもと違った場所で働くということを実践することで、ストレス発散になり、

日々の業務のモチベーションが上がるという目的があります。

旅行に行く習慣ができる

普段週休2日制度の会社で働いていると、体験できない長期海外旅行に行くことが出来るようになり、

人々が旅行に行く週間を持てるようにする目的があります。

有給休暇という制度を見直す目的

日本の会社は有給休暇の所得率が48%で、世界でダントツで最下位なのですが、

これが当たり前になっている現状を打開し、自由な時間を持つことを目的としています。

ワーケーションの和歌山県での取り組み

日本ではワーケーションの取り組みに一番力を入れているのが和歌山県で、

白浜温泉などの観光スポットをワーケーションエリアとして提供しようとしています。

和歌山県知事は和歌山県の観光地がワーケーションエリアとなることで、大きな特需がもたらされることを期待しています。

ワーケーションで変わる価値観

ワーケーションを導入することで、これまで普通だったオフィスに通って働くという既成概念が崩れると言われています。

その分、これまでのように与えられた仕事のみに従事するのではなく、

自分たちで能動的に動いて、仕事をこなしていく能力が必要となってきます。

まとめ

ワーケーションとは、旅行をしながら自由に働くことが出来るという斬新なワークスタイルのことでした。

好きな時間に好きな場所で好きなだけ働くことができる未来は間もなくやってきそうです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ