禁煙アプリを使った禁煙治療が斬新!禁煙がますますやりやすくなる!?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スマホアプリを使った禁煙方法が今話題になっています。

伊藤忠商事や第一生命保険など大企業がどんどんこのアプリに出資をしてきています。

その気になる魅力や効果について説明していきます。

禁煙アプリとはどのようなものか

禁煙アプリは、患者自身が体調や薬の使用状況を入力すると、

その内容から患者に適切な内容をAIが瞬時に判断し、「ガムをかみましょう」など、助言をくれるという仕様。

大体月1~2回の医師の定期診断の合間に患者に禁煙を長続きさせるために、

スマホアプリからアドバイスが細かく送られてきます。

禁煙アプリが禁煙の特効薬になる?

禁煙をする上で大きな壁になってくるのが、ニコチン依存症などに代表される様々な誘惑です。

この誘惑を振り切るために、医師と定期的に面談したり、

医療サイトを常に確認したりすることが重要なのですが、

どちらも能動的に動かなければならず、ニコチン依存症患者にとってはなかなかハードルが高いです。

そういったことを踏まえた上で、半強制的に「20分で血圧が正常になる」

「24時間で心筋梗塞・狭心症になる確率が下がる」「2日で味覚・臭覚が回復」

などの情報を受け取ることができるスマホアプリが注目を浴びています。

禁煙しようと思ってもなかなかできない理由

一般的に禁煙できる患者というのはごくわずかです。

3ヵ月間治療できる患者は全体の3割で、9ヵ月間続く患者はそのうちの半分と言われております。

3000人が禁煙を開始したとして、最後まで残るのは500人しかいないということです。

孤独の空白期間が原因

では、なぜ禁煙が長続きしないかというと、孤独の空白期間というものがあるからです。

孤独の空白期間とは、月1回、もしくは2週間に10分程度の医師の診察以外の時間のことで、

この期間を耐えることができないというのが禁煙できない大きな原因と言われています。

禁煙アプリで変わる世界

禁煙アプリが広められようとしていることの背景に、東京オリンピックの存在があります。

国際オリンピック委員会(IOC)は屋内での完全禁煙化を推し進めているのですが、

日本ではなかなか計画が実行されていません。

なので、小池百合子東京都知事を中心に様々な党の党首が厚生労働省が主催する

「タバコフリーサミット」で屋内禁煙化の運動を始めています。

まとめ

禁煙アプリは医師の診断中の患者の空白期間を埋めるべく、開発された画期的なアプリでした。

今後は東京オリンピック開催に関することもあり、どんどん広まっていくでしょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA