【輸入ビジネス】スマートコンタクトレンズで現実世界がSF映画に!?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スマートコンタクトレンズというVR機能を搭載した、新たなコンタクトレンズが話題になっています。

海外輸入ビジネスとしても注目すべき商材のスマートコンタクトレンズ。

果たしてどのような機能を持つのでしょうか。

スマートコンタクトの機能

スマートコンタクトの機能には、カメラを実装しまばたきを検知してシャッターを切ることができる、

拡張現実(AR)を使った映像を見ることができる、

オートフォーカス機能を使い遠近両用化や度数調整が不要になる、

光のまぶしさを調節できるようになる、

糖尿病の血糖値や緑内障など病気のモニタリングができるようになる、など様々な機能が搭載されています。

従来のコンタクトレンズと同じものととらえてはいけないようです。

スマートコンタクトはスマホの代わりになる

スマートコンタクトが普及することでスマホがもういらなくなると言われています。

なぜなら、我々がスマホで使っていた主要機能が全部スマートコンタクトに取って代わってしまうからです。

Googleマップがより安全に

多くの人がスマホで使っているGoogleマップやYahoo!路線図などのアプリですが、

利用するとなると、どうしても「歩きスマホ」になってしまいます。

しかし、スマートコンタクトであれば、目の前に直に道順や路線図が表示されるので、

人にぶつかったり事故に遭ったりしないようになると予想されています。

スマートコンタクトはウェアラブル機器

スマートコンタクトレンズはスマートウォッチと同じような、

身に着けて移動ができるウェアラブル端末と同じ機能であると言われています。

目が悪くない人でも着用できる

スマートコンタクトは、目が悪い人が付けて、その他の恩恵を享受できるものと思われがちですが、

実際は目の矯正だけでなく、数値を図ったり、外部と連携したりすることが可能な、近未来型コンタクトレンズです。

スマートコンタクトの懸念点

スマートコンタクトの懸念点としては、どうしても人間の目を使ったデバイスということで、

安全性の問題や、電源はどうするのかといった問題があります。

これらの懸念点を払しょくできない限りは実用化までは程遠いと言われています。

しかし、将来的にARやVRが身近に使えるデバイスということで、さらなる改善を進めていくとのことです。

まとめ

スマートコンタクトレンズとは、これまでのコンタクトレンズの概念を一新させる近未来型レンズのことでした。

まだまだ懸念点はありますが、近い将来実装できる日がくると、海外輸入ビジネスも活発になってくるでしょうね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ