【Amazon輸入】PSEマークがないとAmazonで販売できない?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入/サスペンド関連」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazon輸入では幅広い商品を取り扱うことになります。

その中で海外の電気製品を仕入れることはありませんか?

海外の電気製品は日本でも人気が高いので仕入れる商品でも人気のジャンルになっています。

しかし、海外の電気製品(コンセントを必要とする)を販売する時には

「PSEマーク」が貼られていない商品は販売することが禁止されています。

PSEマークって?

電気用品安全法に従った証。

PSEマークは製造元、又は輸入業者が国の定めた技術基準にクリアしたことを証明するマークです。

身近な電気製品をよく見てみると、テレビや冷蔵庫にはPSEマークが貼られています。

コンセントが付いた電気用品は、安全法の規制対象なので輸入電気製品を

日本で販売するには原則としてPSEマークの表示が必要です。

PSEマークの取得方法

PSEマークについて少し誤解をされている人がいますが、PSEマークに取得方法はありません。

どういうことかと言うと、製造元や輸入業者が電気用品安全法に基づいた検査を自ら行い記録を残します。

そして国の定める基準適合性をクリアしたことを確認した上で自分でPSEマークを表示します。

決して国からマークが発行される訳でも、手続きをして許可を得る訳でもありません。

AmazonでPSEマークのない電気製品を販売するとどうなる?

Amazonの規約を確認すると、PSEマークの表示、届出事業者、

又は登録検査機関名などの表示をしないと販売することができません。

これを無視して販売して、Amazon側に発覚すると最悪アカウント停止を喰らいます。

出品ページを見ると輸入電気製品が溢れている

国内Amazonの電気製品を見てみると、輸入された電気製品で溢れかえっています。

実は規約で禁止はされているけど、販売はできます。

どういうことかと言うと、PSEマークのことを知らないセラーの方や、

分かっているけど、利益ができるからどんどん出品している方がいます。

Amazonも取締はしていますが、出品の数があまりにも多いので対処が

追いつかないのが現状のようです。

しかし、購入者の中にはPSEマークのことを知っていて、

PSEマークがないことをAmazonにクレームとして通報する方もいます。

Amazonに発覚すると即時にアカウント停止になるので、

PSEマークの付いていない輸入電気製品の取扱には注意してください。

まとめ

Amazon輸入をする時に気をつけたいのがPSEマークのない電気製品です。

国内やAmazonで販売するのは必ずPSEマークの表示が必要です。

PSEマークの重要性を把握すれば、マークが確認できない商品の仕入れるを避けることができます。

知らないで販売して、後で気づいても遅いときもあるので

PSEマークについてはしっかりと確認しましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA