転売先比較 ヤフオク、Amazonどっちオススメ?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転売の先駆けとなったプラットフォームといえば、ヤフオクです。

しかし、今ではAmazonをメインに転売する方が増えています。

「どのサービスが転売に有利なの?」このように思われる方も多いでしょう。

本記事では、各サービスの特徴 ・メリット・デメリットについて説明します。

Amazon

個人でも法人でも出品することができるAmazonですが、一番の特徴は圧倒的な集客力です。

気になる商品をネットで検索したら、Amazonのサイトが一番上に表示されていることも珍しくありません。

Amazonには、「大口出品サービス」と「小口出品サービス」があります。

この2つには以下のような違いがあります。

・大口出品サービス・・月額4,900円(税抜)+注文成約時にかかる販売手数料
・小口出品サービス・・注文ごとに100円の基本成約料+注文成約時にかかる販売手数料

1ヶ月に50点以上、商品を販売する場合は、大口出品サービスの方がお得です。

メリット

・集客力が強い
・保管、発送を代行できる

先ほども説明したように、Amazonは検索エンジンからの流入が非常に多いです。

それだけではなく、オンラインショッピングはAmazonだけを利用する方が増えています。

Amazonが提供しているFBAサービスを利用すれば、商品の保管から発送までを代行でき、手間を省けます。

(別途、手数料が必要になります。)

デメリット

・ルールが複雑

サービスは整っていますが、手数料体系や出品できない商品などルールが複雑で、わかりにくいのがデメリットです。

使いこなすまでに時間が必要になります。

ヤフオク

ヤフオクに出品するためには、「ahoo!プレミアム」(月額498円)に登録しなければなりません。

現在では、オークション形式に加え、フリマ形式でも出品できます。

フリマ形式での出品では、値段の変動はなく商品価格を設定して、すぐに購入できます。

メリット

・即金性が高い
・予想よりも高額で売れる可能性がある

落札者が「Yahoo!かんたん決済」を利用して、支払いした場合、翌営業日~翌々営業日に売上が振り込まれます。

オークション形式で出品すると、期待以上の高値で取引されることもあります。

デメリット

・手間がかかる

商品の詳細ページを自分で作らなければなりません。

商品の撮影、説明文などを作成するので、時間と労力が必要になります。

大量に出品するには、ヤフオクは不向きです。

詳細ページにオリジナリティをだしたいという方には、オススメです。

まとめ

・Amazon・・簡単に出品でき、集客力が強い
・ヤフオク・・即金性が高く、オリジナリティをだせる

総合的に考えて、Amazonの方が利便性が高く、オススメです。

Amazonの使い方など過去記事で紹介しているので、参考にしてください。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ