AIが服を売る!?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年は、AI元年といわれており、さらなるAIの発展が予測されています。

技術が発達すると共に、AIの普及もさらに広がっていくことは間違いないでしょう。

特に注目を集めているのがAIファッションリコメンデーションです。

このAIを活用することで、ネットショップで購買率の低いファッションアイテムの販売を

促進させることが期待されます。

サイジニア株式会社が開発したAIファッションリコメンデーション「デクワス.VISION」を紹介します。

デクワス.VISIONの特徴

子でまでのAIは、商品カテゴリー、ブランド名、色、サイズなどの付随情報が必要でした。

しかし、デクワス.VISIONはそのような付随情報は一切必要とせず、

画像のデータのみで情報を解析することが可能です。

この強みを活かすことで、これまでとは違ったレコメンドが可能になります。

従来のリコメンド機能は、同じブランドの人気商品や

「他のユーザーが何を買っているか”」という行動履歴データを蓄積しそれに基づき提案を行っていました。

他のユーザーの行動履歴を基にしたレコメンドは、たくさん購入されており、

高評価な商品をレコンメドする傾向があります。

その反面には、一度もユーザーが閲覧・購入していない新商品などは、

良し悪しにかかわらずレコメンドされにくいデメリットがあります。

人気商品をさらに売るためには、最適ですが、この形式のレコメンド機能は、

ユーザーのニーズとマッチしない商品をレコメンドする可能性が高いです。

例えば、ジャケットを閲覧中のユーザーにバッグ、ブーツ、帽子、パンツ、

手袋などをおすすめするなど、関連性の低い商品がレコメンドされることも多々あります。

画像解析によるレコメンド機能は、閲覧している商品に関連性の高い商品を的確にレコメンドすることが可能です。

このAIを活用することでネットショップにおけるアパレル商品の売り上げ向上が期待されています。

インスタグラムにも導入可能!?

デクワス.VISIONの活用方法は、レコメンド機能に止まることなく、より広いフィールドでの活躍が可能です。

現在、検討されているのがインスタグラムなどの写真からファッションアイテムを判別して

購入できるようにするシステムの構築になります。

これが可能になれば気になった服をすぐに購入できます。

まとめ

アパレル商品を取り扱うのは難易度が高いため、避けてきた方も多いと思います。

しかし、技術の革新によってネットショップでも服が売れる時代がくるの日も遠くはありません。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ