【輸入ビジネス】輸入ビジネスにはどのくらいの資金が必要なのか?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輸入ビジネスを始めるためにはどのくらいの資金が必要なのかを解説します。

輸入ビジネスにはどのくらいの資金が必要?

輸入ビジネスには商品を仕入れるための資金が必要になります。

その資金はどのくらい必要なのか?

資金量によって、採れる戦略の幅も変わってきます。

輸入ビジネスを始める資金の目安

輸入ビジネスを始めるのに必要な資金の一つの目安として、30万円程度あればビジネスを開始することができます。

30万円あれば、3000円?5000円くらいの商品を100個程度仕入れることができます。

仕入れ代金30万円では初月から大きな利益を狙うことは難しいですが、売り上げた利益を仕入れ代金として回転していくことで、ゆくゆくは大きな稼ぎを得ることができます。

資金に余裕がある場合の戦略

資金に余裕があり、100万円程度の資金がある場合、同じ輸入ビジネスを始めるとしても、扱うことができる商品の幅が拡がります。

目安としては、1万円程度の商品でも、利益が出る商品があれば仕入れることができます。

また、100万円の仕入れ資金を用意できることができれば、直接海外へ出向いて仕入れを行うことも可能です。

もし、輸入ビジネスの資金が足りない時には…

輸入ビジネスを始めるための資金が足りない方もいます。

その場合、輸入ビジネスを始めるための資金を作る方法がいくつかあります。

不用品を売る

家にある不用品を売ることで、ある程度の資金を手に入れることができます。

販売することでお金になりやすいものは、需要がある本、楽器や楽器の関連機器、ブランドの服やブランドバッグ等です。

基本的に、需要のあるものや、ブランド品を販売することが不用品販売で稼ぐためのコツです。

アルバイトをする

輸入ビジネスの資金を貯めるためには、アフィリエイトなどのネットビジネスを考えがちですが、実際にはアフィリエイトなどに挑戦するよりもアルバイトをしたほうが確実に短期間で資金を貯めることができる場合もあります。

アフィリエイトなどのネットビジネスは、成功するかどうかが不確実で、輸入ビジネスを開始するための資金を貯める方法としては遠回りになってしまう場合があります。

無在庫転売は比較的少ない資金で始められる

無在庫転売では、注文が入ってから商品の仕入れを行うので、事前に商品を仕入れる必要がありません。

そのため、無在庫転売を行う方法の一つとして、クレジットカードにより仕入れを行う場合があります。

注文が入ってから商品を仕入れて販売するという特性上、利益計算を間違えなければ赤字にはなりにくいため、クレジットカードでの仕入れを行うことができます。

まとめ

輸入ビジネスを始めるためには、商品仕入れ資金として30万円程度がひとつの目安となります。

資金に余裕があればそれだけ、戦略の幅もひろがります。

無在庫販売の場合には、比較的小資金でもビジネスを始めることができます。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA