レジがATMに変身する?話題のキャッシュアウトサービスとは

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年から本格的にキャッシュアウトサービスが開始されることをご存知でしょうか?

「キャッシュアウトサービスってなに?」と困惑している方も少なくないと思います。

キャッシュアウトサービスが定着すれば、日本の金融は大きく変化するといわれています。

今回は、キャッシュアウトサービスについて紹介するので、参考にしてください。

キャッシュアウトサービスとは

キャッシュアウトとはデビットカードに新たに加わるサービスになり、

加盟小売店のレジで自身の口座から現金の引き出しを行い、その場で受け取ることができるというサービスです。

今まではATMなどを利用して現金をおろしていたのが一般的でしたが、

キャッシュアウトサービスの登場でレジから現金を受け取ることができるようになります。

キャッシュアウトのメリット

現金不足を心配する必要がなくなる

現金主義の方に多い悩みは、現金不足です。

「商品をレジに持って行って現金が足りない」ということを経験したことがある方も多いのではないでしょうか。

キャッシュアウトサービスを利用すれば、このような問題は発生しません。

財布に入れているお金が少なくても、安心して買い物できるのがメリットです。

外国人観光客を取り込める

外国人観光客は、クレジットカードやデビットカードを所持して訪れますが、銀行口座は持っていません。

なので、手持ちの現金が不足して困ることが多々あります。

そのようなときに役に立つのが、キャッシュアウトサービスです。

キャッシュアウトサービスが利用できるお店に外国人観光客が集まりやすくなるので、外国人観光客の集客に最適。

キャッシュアウトのデメリット

レジでの業務が増える

キャッシュアウトサービスが導入することにより、レジでの業務が増え、レジがより混雑することが予測されます。

レジの行列はお客のストレスに直結します。

顧客離反、販売機会の喪失リスクがあるので注意が必要です。

レジに現金が必要なため、強盗などの犯罪リスクが増加する

キャッシュアウトサービスに対応するため、レジに現金を多く準備することは、危険を伴います。

強盗などの犯罪率が高くなるのは間違いないでしょう。

しかし、レジに現金を用意していなければ、キャッシュアウトサービスに対応することはできません。

これまで以上のセキュリティが必要になります。

まとめ

キャッシュアウトサービスは便利ですが、お店側からするとデメリットもあります。

利用者からするとデメリットはほとんどないので、気になる方は利用してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA