良い輸入ビジネスセミナーの見分け方

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「e-bay」や「アマゾン」が有名になり、輸入ジジネス業界はすごく盛り上がっています。

輸入ビジネスに新規参入したいと考えてる人も多く、現在では頻繁に輸入ビジネスセミナーが開催されています。

輸入ビジネスセミナーは数多くの種類があり、どれを選べばいいのかわからない方も多いと思います。

輸入ビジネスで実績をだしており、役に立つ情報をわかりやすく伝えるセミナーもあれば、対価に見合わない内容のセミナーもあります。

参加するべき良いセミナーと悪いセミナーの見分け方を紹介します。

お金を払って全く意味のないセミナーに参加するとお金と時間の無駄になるので、参加を決定する前に正しく見分けましょう。

セミナーの内容が明確

良いセミナーの特徴としてはセミナーの内容が明確になっています。

例えば、「アマゾン輸入に関する全てを教えます」というセミナーが開催されていたとします。

一見すると、アマゾンの輸入ビジネスに関することを網羅的に教えてもらえる良いセミナーに思えますが、

教える範囲が広くなると、話の内容は広く薄くなり、ネットで検索すればでてくる価値の情報しか入手できません。

良いセミナーのタイトルの例を挙げると以下のようになります。

・少ない資金で儲けることができる商品の見分け方

・利益を最大化するため、見込み客に効率的にリーチする方法

このように輸入ビジネスに関わる全般的なことではなく、具体的にテーマを絞ったセミナーの方が内容が濃く、

深くなり巷では手に入らないレアな情報を手に入れることができます。

交流がある

良いセミナーには必ず懇親会などの交流する時間が設けられています。

講師が一方的に話すだけのセミナーは良いセミナーとはいえません。

参加者の質問やフィードバックを受け付けているセミナーに参加しましょう。

セミナーに参加するもう一つの目的として同じビジネスをしている人と繋がりが持てることです。

仲間を増やすことで意見や情報交換することができ、ビジネスの視野が広がります。

行動を促進させる

良いセミナーは参加者の行動を促します。

セミナーに参加して「いい話が聞けた」、「勉強になった」という感想を持つだけでは参加した意味がありません。

参考になったことを自分が実践してはじめて価値があります。

なので、良いセミナーは「この情報を知っている人が少ないのでチャンスは今しかありません。」など参加者の行動を促進させるように工夫しています。

まとめ

セミナーに参加することを検討するときは、本記事で紹介した良いセミナー見分ける方法を参考にしてください。

まずは一度セミナーに参加することをオススメします。

注意して欲しいのは「有料セミナー=良いセミナー」という訳ではありません。

無料セミナーでも良いセミナーもたくさんあります。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ