海外アーティストのCDは飛ぶように売れる!?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

音楽業界はCDが売れず低迷しているという話を聞きますが、輸入ビジネスにおいて音楽は安定して利益をあげることのできる商品です。

最近では日本でも洋楽を聞く若者が増え、日本では買えない海外アーティストの限定版CD、アルバムを輸入すれば飛ぶように売れます。

「CDを輸入したいけど、人気の海外アーティストがわからない」という悩みを持つ方も少なくないと思います。

今回は人気絶好調の海外アーティストを紹介します。

輸入ビジネスで成功するためには、アンテナを広げ、流行に関心を抱くことが必要です。

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)

大人気番組「テラスハウス」の主題歌、「We Are Never Ever Getting Back Together」が採用され日本で大流行しました。

歌唱力はもちろん、自身の経験を元にした歌詞が若者の間で大きな共感を得ています。

日本には何度も来日しており、その度にチケットは即完売、ライブ会場は満員になります。

力強い歌声と爽やかなメロディーが彼女の魅力です。

Lady Gaga(レディー・ガガ)

歌だけではなく奇抜なファッションや言動にも注目が集まる人気アーティスト。

彼女の歌の歌詞には政治や宗教に対するメッセージも含まれており、聞いていて考えさせられる内容の歌詞もあります。

彼女は子供の頃から個性が強く、奇抜なファッションやメイクを好んでいました。

しかし、それが原因で学校ではいじめの対象になっていましたが、親に相談すると

「周りの目を気にせず、自分らしく生きることが大切」だと教えられ、その信念を現在も貫いています。

過去の経験から、歌詞には「自分らしさ」を強調するメッセージが多く含まれています。

Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)

日本でも多くの人が知っている「Call Me Maybe」や「I Really Like You」など数々のヒット曲があります。

軽快なリズムに可愛らしい彼女の歌声が非常にマッチしており、多くの若者から支持されています。

彼女の曲は日本のクラブでかけられることも多く、今後さらに人気が高まることが予想されます。

まとめ

日本の若者は邦楽よりも洋楽を聞く人が多く、海外アーティストの人気はとどまることを知りません。

数量限定のアルバム、サイン入りの商品は人気が高く、輸入すれば高値で売れる可能性が非常に高いです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ