日本で洋書が大人気

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アメリカでは毎年たくさんのベストセラーになる本が出版されています。

日本ではアメリカの小説はあまり知られていませんが、ストーリーの面白さは日本の小説を上回る本もあります。

洋書が好きな日本人も多く、本を輸入すれば安定して儲けることができます。

本記事では長く愛されているロンングセラーの洋書を紹介します。

Never Let Me Go(カズオ・イシグロ著)

キャシーは、イギリスの美しい田園地方ヘールシャムの私立学校で、子ども時代を過ごした。

そこでは子どもたちは外界から保護され、自分たちは特別な子どもで、自分たちの幸せは自身だけでなく、

やがて一員となる社会にも、非常に重要だと教えられていた。

そんな中、ルースとの交友が再燃し、思春期にトミーに熱を上げた思いが恋へと深まり始める。

この小説は比較的新しく、日本でテレビドラマ化もされました。

All the Light We Cannot See(アンソニー・ドーア著)

第二次世界大戦下、盲目のフランス人少女と無線弄りが得意なドイツ人少年を中心に物語が綴られる.

この美術館には、呪いがかかっている大きな青いダイヤモンド『Sea of Flames』が保管されているという噂がありました。

そのダイヤモンドを持つ者は不死になるが、周囲の者はすべて悪運に見舞われる。

実は青いダイヤモンドは実存し、それを守るために博物館は3つの偽造品を作り、

本物とあわせた4つのダイヤモンドを別々の職員に渡して遠くに送ったのである。

4人のうち誰が本物のSea of Flamesを持っているかは知らされていない。

2014年出版の文芸小説で、 世界的に素晴らしい評価を受けている作品で、

複雑なストーリー展開ですが読み終わったときの感動は忘れることができません。

Gone Girl(ギリアン・フリン著)

5年目の結婚記念日、夫が帰宅すると部屋は荒らされ、妻の姿が消えていた・・・。

映画化もされ大ヒットした、サスペンス作品。

前半は夫の視点、後半は妻の視点でストーリーが進み、読者の予想を覆すような結末になっています。

ストーリーを純粋に楽しみたい方は事前情報を入れずに読み進めてください。

Divergent(ヴェロニカ・ロス著)

誰もが5つのグループのいずれかに属すことになっている未来社会。

主人公の少女は適性判断で5つのうちのどれでもない異端と診断される。

映画も原作も人気のSFファンタジー作品。

設定が非常に面白く、どんどん読み進めることができます。

まとめ

一時は活字離れで本の売り上げが落ちていましたが、最近では本の売り上げがV字回復、

その中でも洋書は底堅く売り上げを伸ばして続けています。

洋書は単価も低く、いつまでも保存することができるので輸入ビジネスに適しています。

参入者が少ない、ニッチな洋書を輸入してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ