話題の「ライブコマース」でのマーケティング法とは?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆さんは「ライブコマース」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

ライブコマースとは次世代の新しいマーケティング法の一種です。

ライブコマースは映像配信などを使って、リアルタイムで商品を販売する仕組みのことで

視聴者はライブ配信によって普通にインターネットで買い物をするより、より親近感を抱くことができます。

今回はこの「ライブコマース」について詳しく紹介して行きます。

ライブコマースとは

ライブコマースはインターネット版のテレビショッピングとも言われていて

従来のインターネット通販はどうしても商品の詳細や知りたいことがサイト上に掲載されていなければ

すぐにその情報を知ることはできないし、せっかくの見込み客が逃げてしまいます。

一方ライブコマースではリアルタイムでの生放送ということもあり、

疑問に思ったことやこの商品のココが見たいという客からの声をコメント機能を使ってすぐ反映させることができます。

従来の通販サイトは静的でライブコマースは動的と言えますね。

ライブコマースの特徴

ライブコマースの特徴は何と言っても直感的なことです。

ライブ配信を見ている視聴者が欲しいと思ったらすぐに購入することができます。

さらに従来のテレビショッピングなどは購入するには電話する必要があります。

しかしライブコマースはライブ配信を見ていて欲しいと思ったときに

リンクをクリックすればすぐに購入することができます。

この直感的な部分や気軽に購入できるという点が従来のサービスにはないライブコマースの特徴です。

ライブコマースとインフルエンサー

ライブコマースはライブ配信をする人物次第で商品の売り上げや認知度が変化してきます。

そこで登場するのが「インフルエンサー」です。

この場合のインフルエンサーは、簡単にいうとその人自体にブランド力がある人です。

インフルエンサーはSNSなどで圧倒的な人気を誇っている人たちです。

そのインフルエンサーたちが商品を紹介することで商品の認知度が上がり、

この人が紹介しているなら欲しいなと思う人が増えてくるので売上がアップします。

インフルエンサーの他にも有名人などを起用していくことで視聴者に親しみをもってもらおうと取り組んでいます。

まとめ

このように今まで私たちが利用してきたネット通販の形は日々進化しています。

インフルエンサーのブランド力など、SNSはこれからのネットショッピング業界にとても影響を与えていくかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ