関税と消費税について

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

輸入ビジネスをしていると、必ずつきまとうのが「関税」と「消費税」です。

この2点をしっかり理解していないと、仕入れた商品の利益を出すことができません。

場合によっては、関税と消費税で赤字に・・・。なんてこともあるので注意が必要です。

輸入の仕方によって免税になることも

海外から商品を仕入れる際には、関税が適用されます。

関税の計算方法は、課税対象額(商品代金+送料)× 60% × 関税率 = 課税額

しかし、個人輸入に限っては課税対象額が10,000円以下だと免税されます。

課税対象となるのは「商品金額+×60%」なので、

送料含めた商品代金が16,666円以下だと非課税になります。

商業輸入の関税

商業輸入とは、仕入れた商品を販売する目的で輸入したことを指し、

私たちのような輸入ビジネスは、商業輸入に当てはまります。

商業輸入で仕入れる商品は個人輸入とは違い、課税対象額の全額に関税が必要になります。

商業輸入の関税率

関税の税率は仕入れた商品によって異なります。

一般的には「簡易税率」と「一般税率」の2つに分類されます。

仕入れた商品の課税対象額が20万円以下の個人輸入だと簡易税率が、

そうでない場合には一般税率が適用されます。

詳しくはこちらの税関HPを参照ください。

https://goo.gl/AXFqh7

輸入での消費税

私たちの生活でも馴染みのある消費税。

仕入れる商品にも消費税が掛かってくるので覚えておきましょう。

計算方法も関税と同じで、課税対象額(商品代金+送料)× 60% × 0.08 = 消費税額

となっています。

関税と消費税を仕入れ代金に組み込む

仕入れる商品によっても関税率が違ってくるので完璧に見積もりをするのは難しいです。

なので、おおよそで予測する必要があります。

参考までにですが関税、消費税含めて商品購入代金の9〜10%がおおよその金額になります。

この程度を見ておけば大丈夫です。

予想を外れても、大きく上回ることはほとんどありません。

まとめ

海外から商品を輸入する際には、関税と消費税の計算をしておきましょう。

リサーチする時には関税、消費税を供に10%、国際送料kg/500円、その他100円

このコストを組み込んでおくと良いと思います。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA