米国で超話題のロールアイスクリームのご紹介

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みなさん、ロールアイスクリームというのをご存知でしょうか?

今、このアイスクリームが米国で超人気になっているそうで、2017年6月24日には、

「ロールアイスクリームファクトリー」が東京の明治神宮前にオープンしました。

こうした話題になっているデザートを個人でも作ってみたいという人がいて、

材料や機材をAmazonで購入する人がいます。

輸入する上で、海外から輸入するには食品関連の法律がありますが、作り方を学び、

売っていくことで利益に繋げることもできます。

ロールアイスクリームとは

発祥はタイの屋台で生まれたデザートのようで、

現在では海と大陸を超え様々なアレンジがほどこされています。

ロールアイスクリームは、その名の通り、

クルクルとロール状に巻かれた見た目にも可愛いアイスクリームです。

果実の果汁を絞った生ジュースや溶けたアイスクリームを

超低温に冷やされた鉄板の上でクレープのように薄く凍らせながら薄く伸ばしていき、

クレープ状になったらヘラで、はじっこの方からクルクルと巻いていきます。

ロールアイスクリームを作る機材

ロールアイスクリームを作るには専用の機材が必要です。

業務用ともなれば、一台数十万円〜数百万円もします。

ですが、個人でも作って楽しめるように開発された調理器具の中に、

ロールアイスメーカー/ハピロールとコールドプレートという商品があります。

この商品は、小さいながらも個人で楽しむ分には十分な性能で、

ロールアイスクリームや以前話題になったコールドアイスクリームを簡単に作ることができます。

ロールアイスクリームのブームに乗じて需要が高まるかもしれません。

レシピは豊富

コールドプレートを使って出来るレシピは豊富で、

個人ブログやyoutubeでも作り方について紹介されています。

ロールアイスクリームの作り方はもちろん、

オリジナルのアイスクリームを作ることができます。

まとめ

ロールアイスクリームのキーワードアクセスがとても高く、

個人でもロールアイスクリームを作って楽しみたいと考える人が増えます。

こうしたブームの背景にはビジネスチャンスが隠れているので、

違う見方をすれば利益を出せる可能性があります。

この機会に仕入れる商品リストの中に加えてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA