アマゾン無在庫販売で、ノーブランド品・並行輸入に相乗り出品するとサスペンドになる理由

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、ありがとうございます!

本日の記事は、「サスペンド」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonでは知的財産権侵害による取締が年々厳しくなっていて、

2017年に入ってからサスペンドされるアカウントが増加しています。

対象となるアカウントは中国輸入セラー・無在庫輸入セラーをしている方が多くなっています。

取り扱う商品の出品の仕方でサスペンド対象になる事があるので注意が必要です。

 

相乗り出品でサスペンドされる?

中国輸入のノーブランド品に簡易OEMをして新規出品する事になります。

同じ商品を相乗りして出品すると、

先に販売していた出品者から

知的財産権侵害としてAmazonに訴えます。

簡易OEMはAmazonで独占販売をするための手法で、

同じ商品を出品するセラーに対して

権利の主張と嫌がらせの意味もあったりします。

簡易OEMで新規出品しているセラーは

知的財産権侵害としてAmazonに申し立てする事ができるので

相乗り出品はあまりおすすめできません。

相乗り出品をする時はタグやブランド名がないか

確認して出品する事でサスペンドを防ぐ事ができますが、

オリジナルの簡易OEMを施して新規出品する方がいいでしょう。

 

偽物販売でサスペンド

無在庫輸入セラーは主に海外から仕入れた商品を大量に出品するので、

商品の中にAmazonで出品が禁止されている商品や偽物が含まれていたりして

警告が来る事があります。

輸入品は並行輸入商品を正規輸入品として販売するのはAmazonでは禁止されています。

購入者が実際に届いた品が商品詳細と違う偽物だったという理由で、

購入者からのAmazonへのクレームを送る事があります。

また購入者からの商品のキャンセル、評価のマイナスにより

Amazonからサスペンドされるケースもあります。

 

権利者からクレーム

違法な訳じゃないけど、出品を停止してほしくて

商品の権利者がAmazonに商品差し止めをしてほしいと訴えるケースもあります。

相場よりも安く出品していた場合に

権利者からの出品差し止め・クレームが来る事があります。

権利者は商標権番号をAmazonに提示して知的財産権侵害として訴えます。

警告やクレームが来たら対象の商品の出品を取りやめましょう。

第三者からの通報

販売している商品に有名なメーカー品があった場合、

第三者(ライバル)から商標権侵害をしていると

Amazonに通報する方がいます。

Amazonでは権利者以外の申し立てには応じていませんが、

一応調べる事もあり商品が偽物や過去に警告した商品があった時には

サスペンド対象になります。

まとめ

中国輸入セラーは簡易OEM商品に相乗り出品すると

サスペンドされる事があります。
ノーブランド品を出品する時は

自分で簡易OEMをして新規出品する事で

サスペンドを防ぐ事ができます。

無在庫セラーは並行輸入品を正規品として出品すると

サスペンド対象になるので注意が必要です。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA