ナッツバターで儲けよう

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海外では定番であるナッツバターが、改めて注目を集めています。

小学校のお弁当の定番といえば、ジャムとピーナツバター使ったサンドイッチです。

最近ではピーナッツバターだけでなく、たくさんの種類のナッツバターが販売されています。

本記事では、流行間近のナッツバターについて紹介します。

流行食品はコンスタントに売れるため、安定して収益をあげることができるので、オススメです。

ナッツバターとは

ピーナッツや他のナッツをバター状もしくはペースト状したものです。

代表的なピーナツバター、アーモンドバター、カシューナッツバター、

ウォルナッツバターなどが海外で人気があります。

日本ではくるみバターを取り扱っているスーパーをよく見かけます。

栄養価が高いことが特徴で、戦時中のアメリカでは配給食に指定されていました。

代表的な4つのナッツバターを紹介します。

ピーナッバター

誰もが知っていて、入手しやすいバターといえば、ピーナッバターです。

日本では、甘みの強いピーナッツバターが主流ですが、

海外では砂糖の含まれていないピーナッバターも多く、中華料理では調味料として使用されることもあります。

ピーナッバターには、アンチエイジングの効果があるビタミンEが豊富に含まれているため、

女性の方には特にオススメです。

カロリーがきになる方は、無糖の甘くないバターを選ぶようにしましょう。

アーモンドバター

カルシウムや鉄分が多く、含まれており、数あるナッツバターの中でも栄養価が高いことで知られています。

脂肪の吸収を防ぐ効果もあるため、ダイエットをしているときでも食べることができる甘いものとして、

海外セレブの間で、よく食べられています。

カシューナッツバター

カシューナッツバターには、オリーブオイルと同じ不飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれているため、

動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ効果があるため、とても健康に良い食品です。

深いコクがあるため、卵や乳製品を使わないアイスクリームに使用されます。

ウォルナッツバター

ウォルナッツバターは、ビタミンE、αリノレン酸、リノール酸、

パルミチン酸、ミネラル類などが含まれており、LDLコレステロールを下げる効果があります。

日本ではあまり知名度がないため、入手するのが困難であることがデメリットです。

まとめ

独特の風味や味わいだけでなく、栄養価も高いことが人気の理由です。

海外セレブや女優など影響力強い方達がナッツバターを好んで食べているため、

より需要が高まることが予想されます。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ