【Amazon輸入】厳しくなっていく特定商品の出品規制

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入 /無在庫販売」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonで出品規制される商品が年々増えています。

この背景には様々な理由があり、

企業やメーカーからの許可がないと特定の商品が出品できなかったり、

商品の権利の問題などで、個人の方が扱えない商品が増えています。

ブランド品の出品規制

今まで販売が許可されていたブランド品の商品がある日突然、

出品できなくなる事があります。

出品していた商品も出品停止状態になり、

以降その商品を販売することができません。

ブランド品が規制される理由は、その商品の偽物のが度々出品され、

購入者や企業からのクレームが増えたためだと思われます。

出品が規制される商品は、Amazonに出品許可申請を

すれば販売することができましたが、

対象のブランド品は許可申請すら不可能になっています。

無在庫販売では、商品を仕入れてから出品することはないので

取り扱える商品の幅が減るだけですが、

直接商品を仕入れてから出品する方は、大きな損失が出てしまいます。

いざ商品を出品しようとすると急に出品規制がかかっており、

許可申請も取ることができません。

そのため商品を仕入れる前には今まで以上に注意しなければいけません。

特定カテゴリの出品規制

以前、特定カテゴリに出品規制について紹介しました。

出品が規制されているカテゴリはAmazonへ許可申請をすることで

取り扱えるようになりますが、

2017年以降に作成した新規のアカウントの場合は

許可申請をする事ができないカテゴリがあります。

例を挙げると新規のアカウントではCDに対して出品規制がかかっています。

ミュージックカテゴリーの出品制限をしているため、制限が解除されない限り、

新規のアカウントでのCD販売ができません。

規制している理由については明確にアナウンスもされていません。

CD市場はAmazonにとってもマージン率の高い(15%+成約料¥144)利益の出る商品です。

これを規制せざるを得ないということは余程の理由があると考えられます。

これはあくまで憶測ですが、CDなどミュージックカテゴリの商品に

偽物や海賊版が度々出品され、

購入者からのクレームが多かったためだと思われます。

CDのコンディション(ケースのヒビ、割れ、DISCのキズ)が商品説明と違う、

届いた商品が偽物だった、など出品者によってコンディションの見方は変わり、

海賊版と見分けが付かない出品者が多かったため、

一時的に出品制限がかけられたのだと思います。

2017年以前に作成したアカウントで規制解除をしている人は、

特定カテゴリの制限対象には入りません。

まとめ

新規アカウントでの出品制限のため、新規のAmazonビジネス参入が

少し難しくなってきている面があります。

これは既存のアカウントに対しても今後行われる可能性もあるので

今後の展開に関心が高まります。

 

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA