【Amazon輸入】海外サプリメントの並行輸入や薬事法について

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入/サスペンド関連」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonでは様々な健康食品が販売されています。

日本人は健康に意識が高いのでダイエットや美容、サプリメントなどは売れ筋の商品です。

海外には、セレブ御用達の健康食品やサプリメントが沢山販売されています。

この商品を日本で販売することができれば沢山の利益を上げることができるでしょう。

しかし、海外輸入の健康食品やサプリメントには薬事法という規制があります。

許可なく販売することはできないので、無断で販売すると法律違反になります。

Amazonで並行輸入サプリメントを販売するにも、

薬事法が適応されるので正式な承認、許可がない限り販売することはできません。

Amazonで並行輸入として出品されているサプリメントなどは、

許可を得て販売されているので、真似して販売できると思い、

輸入しても出品する時にAmazonから却下されるので気をつけましょう。

薬事法とは

医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品(石鹸)、などの安全性を確保するための法律です。

知識のない人が取り扱いそれによる被害を未然に防ぐために薬事法は存在します。

たとえば医者でもない人が「この薬は○○に効果がある」と言われても信用性がないし、

それによって副作用がでる可能性だってあります。

薬事法には個人での使用だけなら許可されている輸入品もありますが、

販売するには厚生労働大臣の承認・許可が必要です。

サプリメントは無承認医薬品

日本ではサプリメントに関する法律が明確ではありません。

サプリメントは薬ではなく、栄養補助食品。

そして医薬品に分類される特定の成分が含まれるサプリメントは、医薬品扱いになります。

そのため、並行輸入サプリメントが健康補助食品だとしても無承認医薬品に該当するため販売に規制がされています。

輸入するときは薬事法に触れる商品は避けるべき?

個人で許可を取ることも可能ですが手続きが大変です。

輸入ビジネス関連の法律で1、2を争うほど規制が厳しいので、薬事法に触れる商品を避けているセラーのかたもいます。

輸入した商品の中には、薬事法に引っかかると知らないで輸入してしまい、いざ出品しようとしてもAmazonから却下されます。

そうなると、その商品は無駄になるので仕入れる際には薬事法に触れないか確認をした上で輸入するようにしましょう。

まとめ

Amazonのみならず、薬事法に触れる商品の個人販売は法律で禁止されています。

海外で化粧品やサプリメントを仕入れる際には、薬事法に触れる可能性があるので気をつけましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA