何だかんだで早起きのすすめ改

何だかんだで早起きのすすめ改

本日のテーマは

「何だかんだで早起きのすすめ改」

ということで
本日はお話しさせていただきたいと思います。

今回から少しオープニングを
変更させていただきました。

さて、

僕のyoutubeの
「雇われない生き方ラジオ」では
早起きに関するテーマというのを
何度かお話しさせていただいております。

ちょっと調べてみましたら、
2年前の2020年の3月くらいに
「早起きのススメ副業編」ということで
お話しをさせていただいておりました。

なんだかんだで
僕はずっと早起きを続けているのですけれども、
やはり人生を大きく変えるための
行動になってくるなと
感じましたので、改めておすすめの部分の
お話しをしていこうと思います。



今回お話ししたい4つのテーマ

今回お話ししたい所は
4点あります。

まず1つ目は
「トイレ掃除をしていますか?」

そして2つ目は
早起きのコツということで
「どのようにすれば早起きが出来るのか」

3つ目が
「早起きに失敗をしたらどうなるのか」

4つ目が
「浪費しても良いんですよ」

という4つのテーマで
お話しをしていきたいと思います。

まずは前段ということで
早起きということなのですが、
皆さん早起きしていますでしょうか?

僕も朝が強いかといえば
そうでもないのです。

ですけれどもやはり色々な書籍や
スティーブジョブズだったり
AmazonのCEOのジェフベゾスさん
有名な起業家、経営者の方も
やはり早起きをしているということなんですよね。

僕が改めて
早起きの勧めということを
お話しするまでもないとは思うのですが、
やはりこのテーマは
かなりお話ししたい部分になりますので、
今日は僕の視点からの
早起きのすすめということを
お話しをしていきたいと思います。



トイレ掃除をしていますか?

まずは
トイレ掃除をしていますか?
というところなのですけれども、
これも色々なところで言われております。

トイレというのは
本当に舐めることが出来るくらい
ピカピカに磨きなさいみたいな話があったりしますよね。

ということで
トイレ掃除してますでしょうか?

僕も今結婚をしておりまして、
家族がおりますので、
トイレは妻にまかせっきりになっている部分では
あるのですけれども、
一人暮らしの時や起業したてのときというのは
トイレ掃除の習慣というものを
大事にしておりました。

やはり色々な考え方があるのですけれども、
トイレが綺麗だと気持ちがいいですよね
まぁ自分が汚しているところですので、
自分で片付けたり、掃除をしたりするのが
当たり前だったりはするのですけれども、
トイレ掃除をしていると
細かいところが気になってきます。

ちょっとした汚れであったり
ちょっとした埃やゴミであったり
ちょっとした傷であったり
といった細かいところが見えるようになってきます。

そしてやはりトイレ掃除というのは
汚いものというイメージがあったり
自分でやりたくない部分になってくるのかもしれません。

けれども言葉を変えてみると

「トイレをピカピカに保つ」

という風に言葉を変えてみると
常に気持ちが良い状態が作れるということですよね。

例えば高級なホテルのトイレや
デパートのトイレって
とてもきれいですよね。

常に清掃員の方が
きれいにしてくれているのだと思うのですが、
それだけで気分が良くなります。

その状態を自分自身で保つということ。

そして細かいところをやるというのが
いいのではないかなと思っています。

トイレ掃除というのも
ルーティーン化だなと思っていいます。

朝起きたときに
大体皆さんトイレに行くじゃないですか。

ですので、
そのタイミングで掃除をするというのを
最近僕は決めて行動しております。

これ、
とてもいいなと思います。

早起きのススメというよりは
トイレは朝起きたときに掃除をしましょう。

ということですね。
これはおすすめです。

そうすると
朝早く起きてトイレにいき、
掃除をして気分よく一日を始めることができますので
是非トイレ掃除というものを
おすすめしていきたいなと思った次第です。



早起きのコツ

次のテーマなのですが、
早起きのコツということで
お話しをしていきたいと思います。

これは冒頭でお話しをしたのですが、
僕自信、早起きが苦手か得意かといわれましたら
苦手なんです。

めちゃめちゃ眠いですし、辛いですよね。
でもやはり早起きっていいよね。

習慣化したほうがいいよね。
と思うので頑張ってやっております。

で、頑張っているだけの価値があるのが
早起きだと思います。

健康面もそうですし、
一番はやはり活動時間が
増えるかなというのがあります。

で、どうしたら早起きをすることが
出来るようになるか
というところなのですが、

「早起きをしたいのだけれども、朝は眠くて起きれません」

ですとか

「せっかく目が覚めても、二度寝してしまいます」

という方がいらっしゃると思います。

僕はもう早起きをし始めて
5.6年でしょうか。

起業してから多分ずっと
朝5時起きをするというのを
やっていたのですけれども、
今日は早起きの効果と早起きのコツというものを
お伝えしたいと思います。



早く寝る

まず一つは
本当にこれが一番だなと思う答えなのですが、

「早く寝る」

ということです。

哀川翔さんの
「早起きは3億の徳」
という書籍があるのですけれども、

そちらにも書かれているのですが
単純に人間って睡眠をとらなければいけませんよね。

睡眠がとれないとキツイです。
それがショートスリーパーの方で
2時間とか3時間で大丈夫という方も
中にはいらっしゃるかもしれないですが、
一般的な睡眠として6.7.8時間とったほうがいいという
お話しがあるかと思います。

僕はやはり6.7時間くらいは
睡眠をとるようにしております。

睡眠不足になるとパフォーマンスが落ちたりですとか、
体調を崩したりというのが増えてきます。

ですので
睡眠をとるというところは
大前提だと思います。

そのためには早く寝るというのがあるのですが、
寝る時間というのも大体決まっていて、
そこに合わせて
朝何時に起きるから夜何時に寝ますという
逆算的な思考にはなります。

寝る時間を決めておけば、
基本的には朝起きれるよね。
というシンプルなお話しです。

ただやはり
その時間にあわせて寝ようと思っていても、
忙しくて寝れなかったり
面白いyoutubeを見てしまって
夜更かしをしてしまうということが
あると思います。

そうすると
早起きをする時間に起きると
時間を削るわけですよね。

そこでもう少し時間があるから
寝てしまうかな
となってしまうとまた
早起きが出来なくなってしまいます。

だからといって、
がんばって早起きをすると
睡眠時間が削られているわけですよ。

そうすると一日がちょっとしんどくなってくる
ということがありますので、
やはり早く寝る。

寝る時間を決めてその時間に寝ることが
出来る一日を過ごすというのが
一番良いのではないかなと思っています。



朝起きる理由を作る

で、二つ目は
シンプルなことなのですが、
さっきのトイレ掃除の話にも繋がるのですが、
朝起きる理由を作っておく
ということです。

これも自分だけの予定ですと
人間って負けてしまうのですよ。

例えば朝起きて散歩をするですとか、
朝起きて運動をする、本を読むというのを
習慣としている方もいらっしゃると思うのですが、
自分との約束ですので
結構破ってしまいがちなのです。

眠気の方が勝ってしまうというのが
人間だと思います。

ですので出来るだけ、
人との約束を作るということです。

会社員の方で
会社が早起きをしないと間に合わないですとか、
仕事があるから起きなくてはいけないという方は
早起きのコツなどと言っている場合ではないと思うのですが、
僕らのような個人で事業を行っていて、
いつ何時に起きてもいい。

起きたら時間がある。
という人たちというのは
自分自身の約束ではなくて、
何かしら誰かと約束をしておかないと
なかなか難しいのかなとは思います。

僕の場合はコミュニティを運営しておりますので、
朝6時からオンライン朝活というものを
開いております。

僕が立ち上げてないと
朝活が始まらないということがありますので、
必ず起きなくてはいけなくなっております。

たまにやってしまうことが
無きにしも非ずなのですが、
自分との約束ではなくて
他の人との約束を作っておくと
ちょっと眠たいぐらいだったら
ぱっと起きられるということになります。



目が覚めたあとにやることを決める

そして3つめ
目が覚めたあとにやることを決めておこう
ということになります。

やはり一番きついのって
朝起きて目が覚めて、
布団から出るまでだと思うのですよね。

ですので一回布団から出てしまえば
あとは起きているだけということになりますので、
そこまでしたら
朝やることを決めておくということが
重要になってきます。

早く寝ているので、
睡眠不足ということもなりにくいですので

朝起きてやることを決めておいて
布団から出ていくということですね。

僕の場合は
トイレにいき、
トイレ掃除をするということになります。

そこでトイレ掃除をしないと
トイレが終わったらまた戻って
寝てしまうという可能性もありますので、
トイレ掃除をするというのは
僕は理にかなっていると思います。

以上が早起きのコツというところになっております。

はいということで
早起きのススメというお話しをしてきたのですが、
今回4つのお話しをしようと思っております。

ちょっと長くなりそうですので
一旦ここで前編という形で
お伝えをさせていただきたいと思います。

また引き続き後編で
残りの早起きに失敗をしたらどうなるか
浪費をしても良いんだよ
というお話しをさせていただこうかなと思います。

それでは前編は以上とさせていただきます。
ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA