無在庫販売する時には、輸入禁止商品に注意しよう!

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonでは、様々な商品を販売する事ができますが、

国内への輸入が法律で禁止されている品物は取り扱う事ができません。

まずないでしょうが、武器や麻薬などの一般常識で考えれば

分かる物は当然輸入する事はできません。

しかし、実は知らないだけで輸入を禁止されている商品を

仕入れてしまう事があります。

今回は輸入が禁止されている商品について説明したいと思います。

輸入禁止商品にはどんなものが?

まず国内に輸入が禁止されている品物は”関税法”によって定められています。

関税法に該当する品物を紹介します。

1.麻薬及び向精神薬、大麻、あへん及びけしがら並びに

覚醒剤(覚せい剤原料含む)並びにあへん吸煙具

2.拳銃、小銃、機関銃及び砲並びにこれらの銃砲弾並びに拳銃部品

3.爆発物

4.火薬類

5.化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律に規定する特定物質。

6.貨幣、紙幣若しくは銀行券、印紙若しくは郵便切手又は

有価証券の偽造品、変造品及び模造品

7.公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品

8.児童ポルノ

9.特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、

著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品

10.不正競争防止法第2条第1項第1号 から第3号 まで、

第10号又は第11号に掲げる行為を組成する物品

1〜10に該当し、形や構造が似ている商品は関税で引っかかる可能性があります。

2に該当する商品はライト、スコープ、ポインターなど、

銃に類似している形状は、改造武器の可能性があるので引っかかります。

9で言えば、海賊版DVDや偽物のブランドが引っかかります。

輸入禁止商品が税関で見つかると手続きが大変

仕入れた商品を国内に輸入する時、

もしもその商品が輸入禁止されていた品物だった場合は、税関でストップしてしまいます。

場合によっては、転送会社で止められたり、発送元に送り返されたりもします。

そうなってしまうと購入者へ商品の到着遅延が発生してしまい、

結果アカウントのマイナス評価に繋がります。

税関で止まってしまった商品を破棄する場合は

滅却(廃棄)承認申請書にサインをしたりと手続きが大変です。

うっかり輸入禁止商品を仕入れてしまうと、

面倒な事になるので注意したいです。

よくわからない商品はJETROへ

輸入したい商品が輸入禁止か分からない場合は、JETRO(ジェトロ)で調べてみましょう。

JETROとは日本貿易振興機構が運営している貿易サイトです。

こちらでは世界40ヶ国からなるネットワークで貿易に関する様々な情報を調べる事ができます。

輸入したい商品の輸入手続き方法や、輸入禁止商品について詳しく掲載されています。

JETRO  https://goo.gl/MXC8Sc

TOPページの【国・地域別に見る】→【日本】→【日本の輸出入】の順に

クリックし調べたい商品を入力してみましょう。

Q&A方式で輸入した商品の事が詳しく書かれています。

まとめ

輸入が禁止されている商品を全て把握するのは困難なので、

慣れない間は輸入しても大丈夫かどうか調べながら仕入れましょう。

失敗を経験する事も大事ですが、輸入禁止商品を仕入れてしまうとなにかと面倒なので、

できるだけ避けるようにしたいです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ