【輸出ビジネス】Amazonオーストラリアのアカウント取得方法

こんにちは、大越です。
今日は、Amazonオーストラリアの販売アカウントの登録方法についてお伝えしますね!

Amazonオーストラリアですが、
2017年の年末、12月頃だったと思うんですけれども、オープンされまして、
2018年の5月ぐらいかな、販売もできるようになって
Amazonオーストラリアを取り組む方々も、
物販プレイヤーの方も増えているのかなという風には思っております。

僕自身もですね、
”この波に乗っかろう”ということで!
Amazonオーストラリアをスタートしました!!

まだ今、販売アカウントを取ったばかりなんですが、
せっかくなので、ちょっとマニュアルに起こさせていただきました。

ただ、Amazonさんて、結構その登録方法とかですね、
コロコロ変わったりはするので、
もしかしたら、皆様がこの動画を見ているタイミングでは、

”規約などが変わっている可能性”があります^^;

現在、2018年の10月半ばぐらいになるわけなんですけれども、
その時に作ったマニュアルという形になりますので、
それよりも時間が経っている方は、
もしかしたら仕様が変わっている可能性もあります。

そこだけはちょっとご了承いただければという風に思っております!

なぜ、Amazonオーストラリアを選ぶのか?

日本では豪州とも言われているAmazonオーストラリアに
なぜ販売を始めようかと思ったのかというと、
ポイントは、4つあります。

オーストラリア一人当たりの国民所得は世界第5位

実は結構お金持ちが多い国で、お金持ちを相手にできる貴重な国の1つです。
背景として、移民される方が多いということもあり、
世界各国からいろんなお金持ちの方がオーストラリアに行って、
南国のゆっくりとした時間を過ごしている方が多いようです。

日本は中国に次ぐ2番目の輸出相手

日本とオーストラリアは盛んに貿易が行われている実績があり、
友好な貿易関係が出来上がっていること。

時差が日本とほとんどない

Amazonとか輸出ビジネスをしていると、
顧客対応とかどうしても出てきますよね。
時差があると顧客対応する時間が
夜中になってしまうデメリットがあります。
しかし、オーストラリアは時差が1時間程度で
顧客対応も日中に対応ができることがメリットです。

英語での対応が可能

オーストラリアでは、公用語が英語になります。
なので、中国語だとか韓国語だとか、それこそヨーロッパの言語だとか、ポルトガル語だとかというよりは、
顧客対応するなら、日本でも普通に中学校で勉強していることもありますし、断然英語が対応しやすいですよね。

Amazonオーストラリア販売アカウント開設の流れ

アカウント開設

アカウント開設は、アメリカAmazonともほとんど同じです。
なので、普通に輸出ビジネスをやられている方にとっては、
まあまあ本当にハードルが低く進められると思っております。
更にオープンしたばっかりですので、そんなにセラーも多くない状況ですし、
セラーに対しての取り締まりと言うか、その辺りもまだまだ緩いというふうに聞いておりますので、
まあまあ取り組むべき販路なのかなっていう風には思います。

日本のアニメもてトップページのバナーに貼られるぐらいの人気がありますので、
日本の商品もまだまだこれから売れて行くことが予想できますね!

それでは、Amazonオーストラリア販売アカウントを開設しましょう!

Amazonオーストラリア
https://www.amazon.com.au/

まず、セラーページですがこんな感じです。
Amazonやったことある方であれば、
国が変わっているぐらいで、他は全く一緒の仕様になっています。

他に違いといえば、為替の違い(オーストラリアドル:AUD)、売れる商品などがありますが、
Amazonやったことがない方でも取り組みやすいので、
是非始めてみることをおすすめします。

では、まず、このAmazonのセラーセントラルを使うためには
アカウントを取得しなきゃいけないということで、
今日のメインになります、セラー登録方法ということで、見て行きたいと思います。

まず、Amazonオーストラリアの出店費用に関してですが、
オーストラリアドル(AUD)で49.95ドル+GSTです。

GST(Goods and Services Tax)とは
オーストラリアの「商品サービス税」と呼ばれるもので、
日本で言う消費税に該当します。(オーストラリアではGSTは一律10%)

なので、日本円だいたい4000円弱ぐらいですね。
日本AmazonとかアメリカAmazonの大口アカウントとまあほぼほぼ同じですよね.

後、事前に用意しておくものとしては、

・電話番号
・メールアドレス
・クレジットカード
・個人を特定するための書類(パスポート)
・銀行の取引明細

になります。
銀行の取引明細についてですが、
Amazon輸出をしている人は既に作っていると思いますが、
ぺイオニア、ワールドファーストさんから取り寄せることができます。
もしお持ちでない方は、ぺイオニア、ワールドファーストのどちらかを
口座開設しておくことが必要になります。
そして、Amazonのオーストラリアのアカウントを作りたいので
取引明細をくださいっていう言う必要があります。
その代わりになるものがあれば、もちろん問題はありません。
これは、Amazonオーストラリア販売アカウント開設後半で
必要になりますが、先に準備をしておく必要があります。

後は、手順に沿って進めていきましょう!
先ほどのオーストラリアAmazonのページの「sell」っていうボタンを押していただきます。

で、ページが変わりまして、「Register now」というところをクリックすると

Sign in 画面になりますが
「create your amazon account」をクリックして、

ここにどんどんどんどん入力していきましょう。

ひとつ注意事項なんですけれども、
基本的にAmazonオーストラリアに取り組む方っていうのは、
日本やアメリカ、もしくはヨーロッパのAmazonを使っていたりとかする方多いと思うんですけれども、
上記のメールアドレスのところを、
その既存のアカウントの同じアカウントで登録しようとするとエラーが出てしまいます。
なので、こんな感じですね。

「メールアドレスは既に別のマーケットプレイスの販売者アカウントに関連付けられていますので、
別のメールアドレスを使用して新しいアカウントを作成してください」という形でですね、
別のメールアドレスを用意していただく必要があります。

次は、もう手順に沿って必要事項を登録していきましょう!

法人名または個人名を入力。

規約に同意にチェックし

「Next」をクリックし次へ

※事業者として登録する場合は、事業者の登録名と氏名
(例:Seller Inc – John Smith)を入力します。

 

住所、店舗名、電話番号を入力し

「Text me now」をクリック

 

二段階認証画面になりますので、送られたコードを入力
「Verify」をクリック

 

「Next」をクリック

 

カード番号、有効年月
氏名
入力した住所を選択し、「Next」をクリック
※VISA、MasterCard、Amexのみ使用できます。

 

そして、ここまで終われば
二段階認証の設定に入るのですが、電話番号+オーセンティケータっていう2つで
多分認証が必要になると思いますので、その2つでやっていただけると良いかなという風に思います。
このオーセンティケータっていうアプリをスマホとかでダウンロードしていただくだけですので、
そんなに難しくはないです。

二段階認証は要はセキュリティ、ログインが他の人に入られないように2回認証しますよっていうことなので、
必ずこれはやっておきましょう。
昔、勝手にこうログインされて、悪さをされたっていうことも、
結構大きな規模でやられたこともありましたので、
しっかりと二段階認証は入れた上でやっていきましょう!

今回は電話番号を用いた場合について解説していきますね!

電話番号を入力して「コードを送信する」

確認コードが送られてくるので、入力して進んで下さい。
※日本語翻で作成してしまいましたが、位置関係でご判断頂ければと思います。

 

次に、登録した番号にコードが届かなかった時のために、登録したものではない確認番号が必要になります。
番号を入力し、チェックし「Seve backup number」クリック
確認コードが送られてくるので、入力して進んで下さい。

 

初めに登録した電話番号にコードが送信できなかった場合は、二番目に登録した番号に自動で送信する旨の
説明文が書かれた画面になります。
ボックスをチェックし
「Get it Turn on Two-Step Verification」をクリック

 

後からでも登録できますので、「skip for now」でも構いません。
・項目目
販売する商品にJANコードなどがある商品であるか
「Yes」にチェックで問題ないです。
・項目目
自社で製造などをしているか。
・項目目
どのくらいの商品を出すか。
全選択し、「Next」をクリック

※翻訳しながら登録いただく事をおすすめします。

 

どんな商品を販売するかを選びチェックしてください。

 

チェック後、登録が完了です。

口座登録

次に口座登録方法について説明しますね。
最初にお話したようにぺイオニアまたはワールドファーストを開設頂くと
Amazonオーストラリアで使用するための口座情報が取得できますので、
登録をしていただきます。

「Deposit Methodes」をクリック

 

「Assign」をクリック

 

オーストラリアの銀行口座のみ登録可能ですので、ご注意くださいね。

必要事項を記入

・Account Holder’s Name : 口座名義人の名前

・Bank State Branch Code : 銀行コード

・Bank Account Number : 口座番号

・Re-type Bank Account Number : 口座番号再入力

「Set Deposit Method」をクリックすれば完了です。

セラー確認のID書類提出

そして、一番最後にですね、このセラー確認のID書類提出というものが出てきますので、
セラーアカウントを作りましたっていう後に、
セラーセントラルの中で、こう言った旗が1個立っています。

そこをクリックしていただくと、Amazonオーストラリアのセラーアカウントインフォメーションの方でですね、
seller identity verificationという要は個人の確認、ID書類を提出してくださいと表示されます。

 

 

まあ皆さん日本に住んでいらっしゃると思うので、日本を選んでいただいて、
政府発行の身分証明書のファイルをアップロードって書いてあるんですけれども、
まあ運転免許証とか保険証とか日本国内のもの、あるとは思うんですけれども、
基本的に確実に通すにはやっぱりパスポートです。

政府発行の身分証明書のファイルをアップロード

(※政府発行の証明書には以下を満たす必要があります。
名前は、登録アカウントの名前と一致する必要がある。
運転免許証などは、両面をカラーで一つのファイルに
まとめてファイルをアップロードする。)

画像がぼやけてしまって、審査が通らないケースもありますので
慎重に綺麗な画像のものを使ってアップロードして下さいね。

その後にこのBank account statementということで、
先ほどお伝えした銀行の取引明細書というものが必要になっていきます。
ペイオニアさんとかワールドファーストさんに連絡をしていただくことで取得できますので、
それをアップロードして下さいね。

・銀行取引明細書をアップロード

※以下を満たす必要があります
過去90日間に発行されたものでなければなりません。
名前や住所は、登録アカウントと
一致するものが記載されている事。
法人の場合も同じく、
銀行口座明細書はAmazonアカウントの法人名と一致する必要があります。

・メールアドレスを入力

・電話番号を入力

・「Submit」をクリック

添付書類の不備などのメールアドレス
電話番号を入力し
「Submit」をクリック

ということで、以上をもってAmazonオーストラリアセラー登録が完了されて販売できるような状態になっておりますので、
アカウントを取得して、これから Amazonオーストラリアで販売をしていきましょうということになります。

頑張っていきましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ