Amazon輸出ビジネスをはじめよう!黒船物流を活用して月商1,000万円を目指すプロジェクトをやってみた。

こんにちは。
雇われない生き方を推奨しています大越です!

このブログ記事では、

僕が元々役員を務めておりました、

発送代行業者「黒船物流」を活用した、

Amazon輸出のはじめかたについて、お伝えするために、

僕自身のAmazon輸出実践記を書いていきたいと思います。

黒船物流の詳細は、

⇒ http://xn--3d1aq99c.jp/

ただ、会員制の発送代行ですので、HPからは会員登録が出来ません。

僕からの紹介が必要になりますので、
お申し込みの際は、下記のフォームからご入会が可能です。

http://bpj41.jp/l/c/c8uMIBsG/XOVUqakF

Contents

【第1回】黒船でアマゾン輸出をはじめよう!「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年10月19日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

2018年10月9日(火)
とある企画が、僕の頭の中でスタートした。

「黒船物流海外FBAプラン3ヶ月無料キャンペーン」

※現在キャンペーンは、終了しております。

先行して、
僕のメルマガにて募集が始まった。

三連休明けの火曜日

19時零分

キャンペーンがスタートした。

先着10名のスペシャル特典が、
約5分で埋まった。。。

ヤバい…

みんなこの特典を待ち望んでいたのだった。

いつも黒船メルマガをお読みいただき、
ありがとうございます!

こんばんば。
大越です。

ということで!

本日より、

僕のアマゾン輸出実践記を、
毎週金曜日に、配信していこうと思います^^

あ、華金の黒船メルマガですよw

その名も!!!

「アマゾン輸出で月商1,000万円プロジェクト!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(そのままやん…w)

9月の下旬から、
立石さんの輸出スクールにお世話になっております。

<プロジェクトの背景>

・大越の法人が、来期より課税事業者になるという、ごくありきたりな理由です…
(消費税を打ち消したい)

・無在庫販売を主にやってきたので、そろそろ、有在庫もやっていかないとな。
(最近は、OEMもはじめました)

・僕自身が、実績を見せることで、アマゾン輸出をはじめる人が増えて、黒船の会員さんが増えたら嬉しいな。
(100人増やしたい!)

大きくは、
こんな感じです。

しかし、
問題がありました…

(言い訳じゃないですよー)

リサーチする時間がない。

そこで…

テケテテッテテー!

「はい!FBAリサーチツール!!」

おぉおおお!
立石さん、あざっす!

しかし、
更なる問題がありました…

(言い訳じゃないですよー2)

ツールを回す時間がない。

よし、得意の外注化だ!

ということで、
実運用に、スタッフをひとりいれました。

更に、仕入れ資金として、
黒船のアマゾンギフトカード割引販売サービス
を活用しました。

アマゾンギフト券を、
安全に格安で手に入れたい方は、
専用ライングループにご参加ください^^

http://bpj41.jp/l/m/nE1VhIxiK50lH8

つまり!

人(専門スタッフ)
+
物(ツール)
+
金(アマゾンギフト券)
+
情報(スクール)

これを、まずはここを揃えて、

時間がないという言い訳を、
解消してからのスタートです。

・スタッフが、ツールでリサーチ
・利益の出る商品を黒船に送る
・売上がぐんぐん伸びる
・アカウントが強くなる
・無在庫も恐る恐る混ぜていく
・販路拡大
・気付いたら月商1,000万円
・気付いたら年商1億円

それを見た人たちが、
黒船物流に、続々と入会!!!

そして、

アマゾン輸出で稼いだメンバーと、

新年会したり、
花見したり、
BBQしたり、
忘年会したり、

そんなシナリオを描いております!笑

すべては、
うちのスタッフ次第…w
(見てるかな)

ということで、

随時、

(スタッフが)やっていることを、
実践記として配信出来たらと思っております。

毎週金曜日は、

黒船華金メルマガ!

引き続き、
お付き合いくださいませ^^

ということで、
本日も和んでいただけましたでしょうか?笑

(黒船の)大越でした。
また来週!

【第2回】まずは、鉄板商品を!「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年10月26日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

ということで!

本日は、
第二回目の配信となります。

数名から、

「黒船メルマガ楽しみにしていますよ!」

と、言っていただいていますので、

一人でも共感していただけるのであれば、
僕は、もう、
とてつもなく嬉しいです。

さて、一週間というのは、
本当に早いもので、

僕の手が足りていないということで、
スタッフに作業はお任せしているのですが、

ん。。。

あんまり進んでいない。。。

ということで、
毎週月曜日にスタッフと1時間ほど、
MTGを行うようにしました。

まぁ、弊社のスタッフは、
物販の経験などほとんどありませんので、
流石に、

・ノウハウ
・ツール
・方向性

だけを、ポンと渡しても、
なかなか動けないですよね。

なので、

一週間の課題として、

・100均商品を2商品
・僕が卸を持っている文具メーカー商品を30万円分
・FBAツールでやっているような手法をやっているライバルセラーを1日10人選定
・集めたASINをツールに投入し、利益が●%以上の商品をピックアップ

こんな感じでやってもらっています。

とりあえずは、
ようやく30万円ほどの仕入れまではたどり着きました。

ホリデーまでに、
500万円は、FBAにぶっこんでおかないと、
目標には届かなそうですので、

ちょっとエンジンを掛けていきます!

ちょっと保険として、
僕の方では、オーストラリアAmazonと、
USの複数アカウントを準備しております。

月曜日に、スタッフとMTG
金曜日に、メルマガにて実践報告
内緒で、僕自身もスタッフの援護射撃

まだ、1ヶ月もある!

すべては、良い方向に進んでいる!!!

すべては、
うちのスタッフ次第…w
(見てるかな)

ということで、

随時、

(スタッフが)やっていることを、
実践記として配信出来たらと思っております。

毎週金曜日は、

黒船華金メルマガ!

引き続き、
お付き合いくださいませ^^

ということで、
本日も和んでいただけましたでしょうか?笑

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

(黒船の)大越でした。
また来週!

【第3回】スタートアップ段階のFBAリサーチ方法!「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年11月2日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

早いもので、
11月突入!

といった感じですが、

夜とかかなり冷え込むようになってきましたね。

この時期は、掻き入れどきなので、
体調とか壊している場合じゃないですよー!!!

うちの輸出作業をやっていただいているスタッフさんの、
業務日報を添付しておきます。

(公開処刑的なやつです。。。笑)

「昨日からの喉風邪が少し悪化、明日から事務が多忙になるのに備え

本日は絶対30商品!と意気込みながら、リサーチしつつ中キーパでランキングに動きがあるものを
目視でリサーチしながらASINをとりだめて、ワクワクしながら、FBAツールにかけたものの、
ピックアップ数にまでは至らなかった。せめても、20商品は達成させたかったが
結果18..。明日も試行錯誤しながら、30商品リサーチに向け、いろんな検証をしながら
目標を達成します。」

はい、
じっくりとスタッフ教育してまいります^^

スクールとか運営していると、
本当に、日報の書き方で、

人の資質とかがだんだんわかるようになってきました。

まず、一文目に、

「出来なかった言い訳」
を最初に持ってきて、

自分を守ろうとする。

成果が出にくい人の特徴ですね。

成果を出す人というのは、

まず、事実を事実として捉える。

そこから考察。

改善。

日報の中で、
しっかりとPDCAを回せているんですよね。

なので、
書き直すならば、

本日は、仕入れ対象商品を30商品見つける目標を立てました。
(ここが、Pですね。)

売れ筋商品から派生したリサーチを中心に行い、
気になるASINを抽出。
FBAツールに投入し、確認を行いました。
(ここが、Dですね。)

その結果、18商品みつかり、
仕入れ◯円、利益見込み◯円、
という結果でした。

30商品の目標に対して、
達成率は、60%。
(ここが、Cですね。)

仮説として、
作業時間が確保できていない、
抽出しているASINが売れ筋ではない、
ということが考えられるので、
明日は、今日の二倍作業時間を確保して、
◯◯というジャンルを中心に攻めて行く予定です。
(ここが、Aですね。)

気温が下がって、
ちょっと風邪気味なので、
明日は、医者に行く時間を確保して、
体調管理にも気をつけていきます。
(ここが、所感ですね。)

いかがでしょうか?

日報の書き方ひとつで、
ここまで、風邪ひいた言い訳から、
なんとなくやる気あるな、コイツ。

と、改善出来たかと思います。笑

ということで!

本日は、
第三回目の配信となります。

ようやく、
仕入れをした商品(約30万円分)が、
黒船に到着し、米国のFBA倉庫へ飛び立ちました^^

いよいよ、
次回には初売り上げの報告が出来そうです!

今週も、
スタッフとの輸出MTGからはじまりました。

日報のくだりを最初に書いていますが、
MTGというよりも、

お説教タイム。。。笑

とにかく、

ASINを集めて、
ライバルセラーをべンチマークして、
FBAツールを回しまくる。

指示としては、
シンプルにこれだけです。

スピードは、遅いですが、
10万円ほどの仕入れが出来ました。

月商1,000万に対しての仕入れ目標は、
500万円としています。

まだ、目標の10分の1以下ですが、
スタッフの動きも滑らかになりつつあります。

基本的には、

AmazonJPの商品を、
AmazonUSで販売するという、
初歩的なリサーチをまずは行っています。

・ASINを抽出(ZonASIN Hunter)
・日米の差額と、ランキング変動を確認
(ここをツールがやってくれます)
・条件を指定して、商品群を絞る
(ここもツールがやってくれます)
・目視をして、実際のFBAセラー数とランキング変動を確認
(キーパやAmazonスカウトを使っています)

あとは、2週間で回転出来る数量を仕入れて、
黒船に送るという作業です。

いやぁ、、、
マジでこれだけで1,000万円いくんかいな???

と、疑心暗鬼になっている自分がいますが、

立石さんを信じてみます!

そして、

うちのスタッフ!
マジで頑張れー!

まだ、1ヶ月もある!

すべては、良い方向に進んでいる!!!

PS.

全然、輸出とは関係ないですが、
これから、シンガポールに行ってきます!

すべては、
うちのスタッフ次第…w
(見てるかな)

ということで、

随時、

(スタッフが)やっていることを、
実践記として配信出来たらと思っております。

毎週金曜日は、

黒船華金メルマガ!

引き続き、
お付き合いくださいませ^^

ということで、
本日も和んでいただけましたでしょうか?笑

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

(黒船の)大越でした。
また来週!

【第4回】ようやく商品が入庫しました!「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年11月2日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

第4回の配信となりますが、
初売上は、無事上がるのか!?

輸出入ビジネスのデメリットといえば、

・取引相手が外国人
つまり、言葉と文化の違いがあること。
(これは、メリットにもなります。)

もうひとつは、

・商品が、海を渡る必要がある
つまり、輸送に時間が掛かったり、税関を通過しなくてはいけません。
(ある意味では、参入障壁にもなります。)

今回の月商1,000万円プロジェクトでは、

日本→米国

の海外輸出ですので、

・仕入が日本
つまり、日本語を使います

・販売が米国
つまり、英語での対応が必要になります。
しかし、AmazonのFBAを利用するため、
顧客対応の必要がほぼありません。

ですので、

AmazonFBA輸出というビジネスは、
言葉の壁はほぼないということになります。

そして、

配送に関しては、
我らが黒船が代行してくれるので\(^o^)/

僕らがやるべきことというのは、

・商品のリサーチ
・仕入商品の選定
・商品を仕入れて黒船に送る
・販売価格の調整

大まかには、
こんな作業になります。

仕入れるべき商品の選定と、
その商品を仕入るだけの資金力があれば、

あとは、
グイグイとオペレーションを、
回していくだけになります。

さて、

先週、ようやく初出荷までこぎつけ、
今週こそは、初売上のご報告を!

と、思っていたのですが…

今朝方、
FBAに入庫した連絡が届きました。

「FBA Inbound Shipment Receiving」

って、やつですねー。

どんな道のりで、

黒船〜AmazonFBA倉庫まで、
送られているかを、
追跡をコピペしておきますね^^

アメリカ国内で、
結構時間が掛かってます。

ちなみに、
黒船のスタンダードシップメントを、
利用しました。
(代行業者を選ぶ際の比較対象としていただけたらと思います。)

11月2日 黒船から出荷
11月7日 AmazonFBA倉庫到着
11月9日 商品入庫

ホリデーシーズン前で、
通常よりは時間が掛かっているように思います。

資金回収を考えると、
いかにここのリードタイムを、
縮めていくかが鍵となります。

流石に、来週は、
初売上の報告が出来ることでしょう!

引き続き、
商品をガンガン仕入れていこうと思います!

次回は、

商品を買付て、
黒船から出荷されるまでの作業を、
スタッフにヒアリングしておきますね!

実は、今回送った商品は、
10月15日に、仕入をした商品だったんです…

なので、

仕入〜入庫まで、
約1ヶ月ほど掛かってしまいました。

ちょっと、
原因を追求して、
最短で送れる方法を考えてみます。

それでは!

【第5回】Amazon.com has shipped the item you sold!「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年11月16日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

さて、

ようやく、
初売り上げが上がりました〜!

パチパチパチパチ!!!

まぁ、
鉄板の商品でしたので、

初売り上げまでの道のりが長かったなぁ。。。

という感じではあります。

まずは、

低単価の商品を売り始めています!

ツールで抽出した商品も、
これから順次納品されるかと思いますので、
これから淡々とやっていきます^^

しかし、、、

よっしゃー、

これからだぜー!

というタイミングで、

新規アカウント故の弊害が発生しております。

下記、引用です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FBAの保管制限の変更
2018年には、在庫管理の改善を促進するため、FBAの保管制限ポリシーを調整しています。これにより、商品の受領と購入者への配送がより迅速に行えるようになります。注:これらのポリシーは、大口出品に登録している出品者にのみ適用されます。

在庫のパフォーマンス指数は、在庫のパフォーマンスに基準を設ける最初の手段です。2018年7月1日より、在庫のパフォーマンス指標が350未満の出品者の在庫には、制限が設けられます。在庫のパフォーマンス指数は、在庫のパフォーマンスのダッシュボードで追跡できます。この無料ツールには、売上を伸ばしコストを削減するためのカスタマイズされた推奨情報を含み、FBAビジネスを最適化するための機能が集約しています。出品者のスコアは、進行中の在庫管理に基づいて毎週更新されます。

350以上の指標スコアを維持する出品者には、標準サイズおよび大型商品に対する在庫制限は適用されません(月間在庫保管手数料および長期在庫保管手数料は適用されます)。

在庫のパフォーマンス指数のスコアが350以上を維持していない出品者:

2018年7月1日から、保管制限は年4回の3か月ごとに評価されます。出品者様の在庫のパフォーマンス指標が四半期開始の6週間前に350未満の場合、予想される保管制限について通知します。四半期末の在庫のパフォーマンス指標のスコアが350未満のままの場合、これらの制限は次の四半期に適用されます。

FBA保管制限ポリシーにより、在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。その月の既存の在庫が保管制限値を超えている場合、在庫保管手数料および必要に応じて長期在庫保管手数料に加えて、在庫制限値の超過分に対して在庫保管超過手数料が請求されます。超過手数料は、1か月を通して、保管制限値を超えた在庫の1日平均の分量に基づいて、1立方フィート当たり毎月10ドル請求されます。現在表示されているユニット数ではなく、在庫の立方フィートでの表示に変更するため、ツールを更新します。

<引用>
https://sellercentral.amazon.com/gp/help/help.html?itemID=G93D6U2APR9UYBG5&ld=ELUSFBA-sellercentral.amazon.com
(セラーセントラルにログインすると見れます)

「在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。」
「在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。」
「在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。」
「在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。」
「在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。」
「在庫レベルが保管制限値を下回るまで、納品プランの新規作成を行うことはできません。」

わーーーーーーー!!!!!!!!

苦笑い。。。

本日は、
第五回目の配信となります。

ようやく初売り上げが立ちましたが、
新規納品プランが作れないという事態に。。。

幸い、別アカウントがあるので、
しばらくは、そちらで対応になりそうです。

とは言っても、
別アカウントも間違いなく在庫スコアは、
350以下。。。

ちょっと、月商1,000万まで持っていくには、

・高単価商材を扱うか?
・次の四半期の在庫スコアの上昇を待つか?
・交渉して制限を解除するか?

という選択肢かなと思います。

最前は尽くしますが、

「次の四半期の在庫スコアの上昇を待つか?」

こちらが現実的かなとは思っております。

焦っても仕方ないので、
制限内でコツコツと頑張っていきますね!

もちろん、
このメルマガは、
月商1,000万円を達成するまでは、
配信し続けますので!

また、前回、

「商品を買付て、
黒船から出荷されるまでの作業を、
スタッフにヒアリングしておきますね!」

とお伝えした部分ですが、

基本的には、

納品プランを作成し、
商品を黒船に送り、
出荷を待つ!

この3ステップです。

で、納品が遅くなった原因としては、

・仕入れ元から商品の出荷までに時間がかかった。
・納品プランのミスがあった。
・届いていない商品があった。

このあたりも、
スムーズにやっていかないとですね。

それでは!

【第6回】Black Friday当日に、在庫40万円。。。(~_~;)「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年11月23日(祝)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

ということで!

本日は、
第六回目の配信となります。

先週は、初売り上げからの、
在庫ストレージによる納品不可。

新規の2アカウント目に、
在庫を入れ始めている状況です。

Amazon.comの販売力は、
やはり凄いですね!

毎朝、売り上げメールが、
ガンガン入ってきています。

低単価の商材ですが、
1週間で20万円ほどの売上になっています。

あとは、

ツール回して、
在庫を積んでいくだけという状況なので、
とても、もどかしいのですが、

今できることは、

・2アカウント目にりサーチ済みの在庫を入れていく。
・在庫ストレージの空いたところへ単価の高い商品を入れていく

クリスマスに間に合わせる為には、
来週くらいまでが頑張りどころです!

それでは!

【第7回】アマゾン仕入れでも、全然利益取れますね^^「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年11月30日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

本日は、
第七回目の配信となります。

ようやく、

ツールでリサーチ、
ギフト券を割安でゲット、
アマゾンで仕入れ、

このフローでの商品群が、
まだ、在庫で10万円分ですが、
FBAにいくつか納品されました。

順調に、、、

とまでは言わないまでも、
順次、売れていっています。

しかも、
割引を加味しなくても、
割と利益がとれている!!!

あー、
ついに実感しましたよ!

ツールと米国アマゾンの販売力を!

なんとか、
商品をぶっこんで行きたいところです。

11月は、だいたい売上50万円くらいで、
着地しそうな感じです。

2アカウント目も、少しずつ売れてきました。

目標の100万には届かず。
1,000万円はまだ遠い。。。

とは言っても、
まだ、あがいてみます!

先日、立石さんに質問をしました。

「質問です!教えてください!
例年の体感で構いませんので、
ホリデー最終(クリスマスくらいでしょうか?)に、
納品を間に合わせるとしたら、
黒船にいつまでに商品が届いていれば間に合うでしょうか?」

速攻で、返信が返ってきました^^

「商品が倉庫に届いてたから反映されるまでに大体10日くらいかかったりします。
早いと3-4日、遅いと3週間とかかかります。
平均で見て10日ほど見ておいたほうが良いです。

空輸自体はそこまで速度は変わりません。

そのため、7日までに送ってしまったほうが良いとは思いますね!」

押忍!

12月7日まで、
必死でツール回します!

。。。。

スタッフが。。。

スピード命の期間なので、

もちろん、

D

H

L

使いますよー!

昨日から、
売上管理と価格改定をするために、
プライスターを導入しました。

知らぬ間に値下げになってました^^

30日の無料期間ありです^^

今後は、
古物商取得して、
中古もチャレンジしてみたいなと、
思っております^^

それでは!

【第8回】アマゾン仕入れで儲かる商品の条件「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2018年12月7日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

本日は、
第八回目の配信となります。

低単価の商品を売り続けていたら、

なんと!

FBAストレージが、
回復しており、
再び納品できるようになっておりました。

クリスマスに間に合うように、
絶賛、アマゾン仕入れを繰り返しております。

アマゾンギフト券も、
補充をして、気合十分です!

最近のオペレーションとしは、

スタッフ:ツールを回し、儲かる商品をリストアップする
大越:商品リストを確認し、アマゾンから買い付ける
スタッフ:買い付けた商品の、納品プランを作成し、黒船に発送依頼をする
黒船:届いた商品にラベルを貼って、海外発送をする

リストアップされた商品を、
アマゾンでポチポチしております^^

利益が取れる傾向として、

・購入個数制限がある(3個までしか買えない等)
・納期がやたら長い(無在庫セラーか?)

ASINが紐付いている商品でも、
利益とれる商品は、結構見つかるのですが、
大きく利益がとれる商品は、
何か、原因があります。

なので、

そういった商品は、
リスクは伴いますが、
美味しい商品が眠っていそうです。

あとは、

・ASINがズレている商品を狙う
・アマゾン以外から、安い仕入れ先を探す
・中古品を扱う

こんな、手法があると思いますが、
ちょっと、手間がかかるので、
しばらくは、アマゾン仕入れでやっていきます。

なんとか、
今月は、月商300万くらいまでは、
売りたいなと思っています!

それでは!

【第9回】アマゾン仕入れで儲かる商品の条件「月商1,000万円プロジェクト」

本日は、
第九回目の配信となります。

もしかしたら、、、

このメルマガは、

先日、

30日間の売上1,650万円のY田氏が、
発信した方が、
面白いのではないかと、

スタートアップの話は、
もういいよ…

と、聞こえてきそうなので、

今日は、

何も進捗なしという、

コピペのような日報を送る、
スクール生の気分を味わったのでありましたw

でも、

失敗事例も、
上手くいかないことも、
人から嫌われるようなことも、

僕は、メルマガで発信し続けようと!

そして、

Y田氏に出来ることは、
うちのスタッフに出来ないことはない!

だーー!

いつになるかわかりませんが、

月商1,000万円の達成報告を、
楽しみにしていてください^^

【第10回】ようやく仕入額が100万円超えたっす!「月商1,000万円プロジェクト」」

本日は、
第10回目の配信となります。

ようやく仕入れリストが、
スタッフから上がってきて、

12月の合計仕入額が、
150万円近くになってきました。

FBAには、
残念ながらもう、
ほとんど在庫がすっからかん状況。

納品待ちが沢山。
黒船への納品待ち商品も溜まってきました。

この辺りの在庫が反映してくれれば、
なんとか、月商300万円は届くはず。

クリスマス以降に、
売上がどのくらい変わってくるかにもよりますが、

そもそも、
仕入れの段階で、
おもちゃ系やプレゼント系の、
商材は、ほとんど扱っていないので、
そこまで影響はないかと思っています。

粗利も、

ギフト券割引を加味すると、
25%は取れているんじゃないかと。

ただ、

仕入れと送料等で、
約2ヶ月で、
250万くらい突っ込んでいるのに、

売上入金が日本の口座に入ってきているのは、
まだ5万円くらい。。。

ちょっと、
初心者がはじめるには、
敷居が高いビジネスなのかもしれませんね。

(と言って、ライバルの参入障壁を上げておこう。笑)

現金をAmazonギフト券に換金し、商品を実際に仕入れるまでのリードタイム
国内仕入れ〜黒船荷受までのリードタイム
黒船〜海外発送までのリードタイム
FBA倉庫到着〜在庫反映までのリードタイム
在庫反映〜商品販売までのリードタイム
売上入金〜着金までのリードタイム

仕入れてから着金までに、
速攻で売れたとしても、
1商品あたり、1ヶ月近くありますので、

ある程度の資金力は、
必要になりますよね。

・キャッシュフロー
・在庫回転率
・不良在庫の処分

という観点で見ると、

商品が売れてから、
クレジットカードで仕入れる、
無在庫販売というのは、
やはり、楽だな〜

と、改めて感じます。

なので、
来年からは、
AmazonFBA輸出に絡めて、

eBay輸出もやっていこうと、
思っております^^

クレジットカードで仕入れて、
PayPalで即時入金。

鬼のように、
キャッシュフローが良いです。

Amazonの無在庫セラーへの締め付けが厳しく、
FBAは、キャッシュフローが厳しい。

デメリットは、
メリットのあるものと組み合わせるのが、
良いですよね!

AmazonFBA×eBay輸出
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

う〜ん!
い〜べ〜!!

【謹賀新年】Amazon輸出は、結局儲かるのか?「月商1,000万円プロジェクト」」

本日は、
2019年一発目の配信となります。

改めまして、
あけましておめでとうございます!

こんばんば。
大越です。

今日は、
昨年10月より取り組んできました、
月商1,000万円プロジェクトを一度総括させていただき、
今年1年頑張っていこうかなと思っております。

テーマは、ズバリ・・・

「Amazon輸出は、結局儲かるのか?」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

新年から、
ズバッといこうかなと・・・笑

立ち上げから約3ヶ月が経過しましたので、
その短期間での考察ですので、
甘い部分が多いですが、
僕なりに考えてみました。

ようやく2ヶ月目で、
月商100万円達成しましたが、
目標の月商1,000万円には程遠いです。

ゼロイチを突破したので、
あとは単純で、
売上を10倍にすれば良いのです。

そのためには、
仕入額を10倍にすれば良いのです。

ざっくりですが、
これまでの合計売上が、
約150万円。

仕入額は、約200万円
黒船物流への支払いが、約40万円
在庫金額(仕入ベース)で、約100万円

ほどあります。

粗利は、

・アマゾンギフト券割引
・消費税還付

は、考慮していないので、
だいたい10%前後といった感じです。

現状だと、
僕はまだ免税事業者なので、
ギフト券割引を入れると、
15、6%くらいかなと思います。

事実上は儲かってはいますが、
仕入た商品の半分くらいが、

・まだ売れていない
・まだ納品されていない

という状況ですし、

売上金の一部は、
アマゾンにあります。

そこから、
ツール費や人件費などが出ていきますので、

ざっくり計算ですが、
今までの売上分くらいの現金が、
手元から無くなっております。

月商1,000万円を達成するには、
どのくらいの資金が必要なんだろう…

諸々含めて、

月商1,000万円だと、
200万円くらいの粗利が期待出来ます。

そのためには、
おそらく概算ですが、
1,000万円くらいの資金が必要です。

人件費やツール経費などを考えると、
1年くらいは回し続けないと、
純粋に使えるお金は捻出出来ないのかなと。

すんごいザックリ計算なので、
激しい突っ込みお待ちしておりますw

とは言いましても、

逆を言えば1年頑張れば、

毎月150万円弱の、
キャッシュを生む仕組みになりますので、
年間2,000万円くらいの事業になります。

課税事業者になれば、
消費税還付も受けれるので、

個人規模の組織であれば、
めちゃくちゃ儲かるビジネスモデルになりますね!

実際のところは、

Amazon輸出と言いましても、
単純なアマゾン転売ですので、

・アカウントのリスク
・キャッシュフローの悪化
・価格競争による粗利率の悪化

こういった悩みは、
常にありますので、

実際のところは、
言うほどかんたんではありません。

なので、

転売スタイルでスタートをして、

・仕入先の開拓
・自社商品の展開
・自社カタログの作成
・販路の拡大

といった流れが、
定石かなと思います。

初心者からスタートするならば、
スタートダッシュを切るには、
ちょっとキャッシュフロー的にリスキーかなというのが本音ではありますが、

1年、2年と腰をそえて、
取り組むビジネスとして捉えられれば、
良いのかなと思います。

資金調達を早い段階で行う、
というのも良いかとは思いますが、
売上規模が小さい段階で、
資金を引っ張るのも大変かと思います。

そうなると、
逃げ道としては、

・無在庫販売を絡めていく
・eBay輸出を並行して取り組む

eBayの特徴としては、

・PayPalで売上入金(即金)
・無在庫販売に寛容

ただ、
出品枠が最初は小さい

という最大のデメリットがありますので、

結局のところ、
こちらも腰を据えて取り組むことにはなります。

こう書いていると、

残念ながら、
最短最速のビジネスなんて、
存在しないんだなぁ…笑

と感じてしまうかもしれませんが、

それぞれのビジネスモデルの、
メリット、デメリットを、
上手く掛け合わせて、
少なくとも1年後くらいの収益化を、
しっかりとイメージして継続して取り組む。

これが、新しいビジネスに取り組む際に、
まず最初に腹にはめるマインドセットなのかな、
と、新年早々思う訳であります。

ということで、
今年も一年頑張っていきましょう!

【最終回】黒船からセミリタイアします!!!「月商1,000万円プロジェクト」

※ この記事は、2019年1月11日(金)に配信した、黒船メルマガを転記しております。

いつも黒船メルマガをお読みいただき、
ありがとうございます!

こんばんば。
大越です。

いきなりですが・・・

一身上の都合により、

今回の華金メルマガが、
最終回となります。

あ、黒船メルマガ自体は、
来週からも引き続き配信されるかと思います!
ご安心ください。

で、、、

そういえば、
いつからこの黒船役員からの、
メルマガ配信って始まったんだろう?

って、
配信スタンドを遡ってみました。

2016年12月8日 21:00配信

「社長リレー」

というタイトルで、
黒船のブレーンでもある社長の池末さんを皮切りに、
約2年前からスタートしていました。

そして、
記念すべき、
華金メルマガの第一回は、

「黒船の〇〇からみる物販業界の動向」

偉そうなこと書いてましたねw
そして、過去のメルマガって、
自分で読んでも恥ずかしいです。笑

でも、言ってることは、
今とそんなに変わらないかもです。。。

毎週「華金」って、
2年間言い続けていたのは、
おそらく世界中で僕だけではないかとw

恥を忍んで、
コピペしておきます!

2016年12月09日 18時00分配信
以下、コピペ
↓↓

こんばんは。
黒船の大越です。

社長リレー金曜日担当になりました。

華金ですね!
(毎週忘れずに言おうと思います!笑)

池末さんから、バトンを受け取り、
黒船メルマガを配信させていただきます。

今日の僕のテーマは、

「黒船の〇〇からみる物販業界の動向」

〇〇には、「創業」
を当てはめて欲しいのですが、

黒船物流は、2014年9月にスタートしました。

いやぁ、今でこそ言えますけど、
普通の一軒家からスタートしています(笑)

あれから、2年が経つんですね。
早いものです。

とっても、暑い夏でした。

本当に、インターネットビジネスの
移り変わりは激しいです。

「流行り廃り」

という言葉の方が適切なのかもしれませんが、

現在の黒船の会員様の多くは、
転売→本格的な物販へ

移行されている方が増えている気がしています。

現在、黒船では、

埼玉県草加市のメイン倉庫
神奈川県川崎市の海外発送倉庫

二拠点にて運営をさせていただいております。

「一軒家」から「二拠点」へ。

おかげさまで、黒船も少しずつではありますが、
年々進化を遂げているように思います。

数年後には、海外拠点の展開を、
視野に入れながら、

インターネット物販事業者様の、
お役に立てるサービスを日々模索しております。

ちょっと、昔を懐かしんでいたら、
なんだか懐かしい動画を見つけました(笑https://www.facebook.com/kurofunebutsuryu/?fref=ts)

この動画を見ると、黒船の良さって、

やはり
「会員さんとの距離が近いこと」

なんだよなぁって、
改めて思いました。

僕ら役員の立場からあまり大きな声では言えないのですが、
事業を大きくすることだけが、
ビジネスではないのかなぁと思います。

今年は、だいぶクローズドで動いていたので、
来年は、原点回帰!

ですかね!

黒船創業時は、
やはり、輸出ビジネスが盛んでした。

今でこそ、主流となっている無在庫大量出品も、
だいぶ稼ぎやすい時代だったと聞いています。
(今でも、十分稼げますが。。。)

海外FBAは、昨年のホリデー前は、
山のように商品が届いていました。

今年もやってきましたね!
この季節が。

国内で言えば、バイマですね。
倉庫にブランド品がたくさん届いていました。

時代にとらわれず、
根強いのが、国内転売ですかね〜

大きな家電とかね。
やっぱり、自宅じゃ取り扱えないですよね。

今年は、やはり、
なんといっても「無在庫輸入」ですね(笑)

立石さんも僕もスクールを始めました。

あとは、社会現象とも言えるくらいの勢いですね。
メルカリ!

中国輸入との相性がとても良いそうです。

そういった、転売からビジネスを始め、
自社の商品を多販路で販売している方も増えています。

いわゆる、マルチチャネル販売
というやつです。

そういった大口の会員さんも増えてきています。

輸出ビジネス
輸入ビジネス
国内転売
大口発送
etc…

結構、いろいろな発送、対応してますね!

やっぱり、会員さんの成長と共に、
黒船は大きくさせていただいているなぁ

と痛感しております。

だからこそ、会員さんとの距離を
より近づける必要性を感じております。

こうして、皆様にむけて、
メルマガを配信させていただけることに、

感謝しております!

<<社長リレー>>

引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

それでは、金曜日担当の大越でした!
素敵な華金を〜

次回は、月曜日担当のたていしさーーん
よろしくお願いします。

コピペここまで。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

動画のリンクがちゃんと貼れていないと言う、
何とも甘酸っぱい感じですw

おそらく、
この動画のことを言ってるのかと思います。

https://www.facebook.com/kurofunebutsuryu/videos/743455439094867/

めちゃくちゃ懐かしいです。
これ、僕がスマホで編集してるんですよー笑

ここでも書いていましたが、
ここ最近の黒船は、
会員さんとの距離はちょっと離れていたかもですね。

とは言っても、
企業の成長に伴うものなので、
致し方ない部分もあるのかなと。

今日はかなり久しぶりの、
リアルな集まりです^^

しつこいですが、
まだ、間に合うはずですw

黒船での4年間では、
本当に色々な経験をさせていただきました。

ただですね、

4人の経営者が集まると、
色々と問題は出てくるものです。

あ、こう書くと、
黒船経営陣が仲悪いように聞こえますが、
そんなことはありませんよ!笑

自分の事業があって、
その傍らで経営に参画させていただいておりますので、

・実務ベースの動き
・指示系統
・資金面
・報酬形態

こういった経営に関する、
各自の関わり方と言うのが、
ちぐはぐにはなってくたということがあります。

「華僑の教え」

と言うのは有名な話かと思いますが、

事業というのは、

・出資者
・アイディアマン
・実務者

という3者の役割分担が、
重要だと言われております。

出資者やアイディアマンの、
人数が増えれば増えるほど、
組織としての方向性が、
ブレてくるのは必然的なものです。

なので、

経営陣や、
指示系統というのは、
少人数の方がやはり良いです。

そして、

事業規模が大きくなればなるほど、

「実務者」

の負担が大きくなり、

出資者やアイディアマンとの、
温度差が出てくるものなのだと思います。

ここ数年の、
大越の黒船の活動と言えば、

ぶっちゃけて言いますと・・・

「黒船メルマガ」
の執筆業務だけ。。。

だけってことはないですが、、、笑

今後、黒船という企業は、
どんどん成長をしていきます。

そんな中で、

のほほんと、
メルマガを書いているだけの役員は、

まぁ・・・

不要ですよねw

僕自身も、
自分の事業に専念するためには、
のほほんとメルマガを書いているだけの、
黒船役員という肩書きは重すぎました。

今後は、
黒船さんの良きパートナーとして、

黒船役員としてではなく、
イチ事業者として関わらせていただく予定です。

最後に・・・

まずは、
僕の拙い文章を、
最後までお読みいただきました、
黒船メルマガ読者様の皆様

本当に、心より感謝いたします。
物流会員の皆様には、本当にお世話になりました。

また、どこかで機会がありましたら、
お会いできることを楽しみにしております!

そして、
僕を黒船に誘ってくれました創業者の茂呂さん

今思うと、
稼げなかった当時の僕を、
救おうとしてくれたたんですよね。
本当に感謝しております。

今後ともよろしくお願いいたします^^
一緒にダイエット頑張りましょう!

そして、社長の池末さん
最近は、まったく関われておりませんでしたが、
黒船立上げの時は、
全然儲かっていませんでしたが、
本当に楽しかったです。
そして、頭のキレキレ感が半端なく、
近くで色々と学ばせていただきました。

今後、カタチは変わりますが、
何らかのカタチで関わらせていただけたらと思います!

そして、
物販モンスターこと立石さん

物販始めた当初から憧れの存在でした。
ゴールデンルールセミナーの衝撃は今でも覚えております。

今の僕があるのは、
立石さんの
「このツールとこのツール使うと良いですよー!」
実は、この一言だったりしますw

立石さんの今後の動きは、
ストーカーのように見ておきますw

最後に、

責任者の三浦さん
美人秘書の伊藤さん

はじめ、

黒船社員の皆様
倉庫のパートさん

創業当初からは考えられないくらいの人数の、
スタッフさんに黒船は支えられております。

物流作業というのは、
会員さんと購入者様をつなげる、
本当に大変な仕事だと思います。

日々、ありがとうございます!
引き続き、黒船と黒船会員さんを、
支える縁の下の力持ちとして
活躍していただけたらと思います^^

黒船創業から約4年
黒船メルマガスタートから約2年

本当に、
貴重な経験をさせていただきました。

感謝です!

関係者の皆様におきましては、
今後とも引き続き、
よろしくお願いいたします!

黒船と黒船関係者の皆様の今後の発展と成功をお祈りいたしまして、
大越の黒船華金メルマガに終止符を打たせていただきます。

それでは、
またいつか!

ということで、
本日も和んでいただけましたでしょうか?笑

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

(黒船の)大越でした。
さようなら!

※ 月商1,000万円プロジェクトは、

引き続き、続きます!

【アマゾン輸出】スタートアップウェビナー第一部

※この動画は、2019年1月23日(水)に開催しましたウェビナーの録画版となります。

【アマゾン輸出】スタートアップウェビナー第二部

※この動画は、2019年1月23日(水)に開催しましたウェビナーの録画版となります。

【アマゾン輸出】スタートアップウェビナー第三部

※この動画は、2019年1月23日(水)に開催しましたウェビナーの録画版となります。

近日公開予定

<関連記事>

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA