Amazon.com has shipped the item you sold【アマゾン輸出スタートアップ講座/第2回】

Greetings from Amazon.com

We thought you’d like to know that we completed and shipped your Amazon.com Fulfillment Order (xxx-xxxxxxx-2001807) to one of your customers:

CORNING, NY 14830-3411 US

You can track the status of this order, and all your orders, online by visiting Seller Central

The following items have been shipped by Amazon.com:

こんばんは。

株式会社 雇われない生き方
代表取締役の大越雄介です。

アマゾン輸出で、
商品が売れると、

「Amazon.com has shipped the item you sold」

という、

嬉しいメールが届きます^^

「あなたが販売した商品が、出荷されました。」

厳密に言えば、

商品が売れて、
購入者へ出荷されるタイミングで、
メールが届きます。

1日に、
数十個、数百個と販売があると、
意識が薄れて、
メールが邪魔くさく感じたりもするのですがw

本当に、
ありがたいメールです。

アマゾン輸出の全体像

 

さて、本日は、

「アマゾン輸出の全体像」
===================

について、

この売上通知を起点に、

お話をしていきたいと思います。

つまりは、

・商品が売れるまでのフロー
・商品が売れた後のフロー

この二軸でみていくことで、
アマゾン輸出における各工程が、
見えてくるかと思います。

昨日の記事では、

「行動力×継続力×資金力」

この3つの話をさせていただきましたが、

商品が売れるまでは、

本当に、行動するのみ。

だったりします。

まだ、読んでいないよ!

という方は、

今すぐノウハウコレクターを脱出したいと思ったら【アマゾン輸出スタートアップ講座/第1回】

 

 

を、ご確認くださいね。

アマゾン輸出で商品が売れるまでのフロー

そして、

売れる仕組みを構築し、
売るためのフローを、
繰り返していくのみです。

具体的には、

・商品選定
・仕入れ判断
・仕入れ
・FBA納品

この作業です。

特に重要なのが、

二番目の「仕入れ判断」です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これ以外は、

基本的には、

「作業」

になりますので、

早い段階で、

「外注化」

が、出来ますよね。

仕入れ判断も、
ある一定の基準を設けておけば、
業務委託をすることは可能ですが、

売上に一番直結する作業になりますので、
仕入れ判断をミスると、
ビジネスがコケる。

という肝の部分となります。

アマゾン輸出で商品が売れた後のフロー

また、ひとつずつの項目の説明は、
後日、させていただくとして、

次は、

売れた後の作業を説明します。

基本的には、

売れた後の作業は、

・出荷作業
・顧客対応
・返品処理

実務作業は、
大きなイレギュラーがない限りは、
アマゾンがほぼやってくれます。

これが、

FBAを使う大きなメリットです。

しかし、

ここが大きな落とし穴で、

勝手に返金されている…
知らない間に商品を廃棄されている。
保管手数料が課金されている。

販売手数料や出荷手数料は、
ある程度、推測しているのですが、
フタをあけてみたら、ロス金額で赤字。
なんてことも、気を付けないと起こりうるのです。

また、

アマゾンには、
引当金という名の「資金保留」があります。

そして、

海外売上ですので、
ドル建てでの売上入金となりますので、

為替レートによる「円転」の
タイミングによっては、

想定していた利益が、
とれなくなってしまうこともあります。

・売上入金(ドル建て)
・海外送金(円転)
・売上入金(円)

この入金フローと、

仕入れたは良いが、
売れ残っている「在庫」
の管理が、主な作業となります。

「資金管理」と「在庫管理」

ここが、
とても重要になります。

しかし、

一度納品して、
リピートして利益がとれる商品を、
リスト化していくことで、

「在庫補充」

だけで、
ビジネスが回っていくようになります。

こういった商品は、

安定供給をするために、
仕入を落とすために、
仕入開拓を行うことで、

資産化が出来るようになるのです。

アマゾン輸出の全体像のまとめ

まとめると、

「アマゾン輸出の全体像」

・商品選定
・仕入れ判断
・仕入れ
・FBA納品
・出荷作業
・顧客対応
・返品処理
・売上入金(ドル建て)
・海外送金(円転)
・売上入金(円)
・在庫補充

重要なのは、

「仕入判断」
「在庫管理」
「資金管理」

です。

売上を上げる方法は、
とてもシンプルで、
仕入を増やすこと。

つまりは、

「行動力×継続力×資金力」

ということになりますね^^

明日は、

「アマゾン輸出をはじめるために、
最低限必要なもの」

について、
お話をしていきたいと思います。

それでは!

アマゾン輸出をはじめるために、最低限必要なもの【アマゾン輸出スタートアップ講座/第3回】

アマゾン輸出をはじめるために、最低限必要なもの【アマゾン輸出スタートアップ講座/第3回】

 

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA