【Amazon輸入】輸入ビジネスをするなら技適マークや電波法について知っておこう!

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入/サスペンド関連」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の記事は電波法に関する内容になっています。

輸入品の中には電波法に違反する商品も扱うことがあるので、

海外輸入をしているセラーの方には知っておく必要があります。

まず、PCやスマホ関連の商品には「電波法」に引っかかり販売できないものがあります。

電波法というのは無線通信に関する法律で、

スマホ、Bluetooth機器、ドローンなど無線で操作できる機械には

発生する電波によって他の無線に影響を与える恐れがあります。

電波法に引っかかる商品は検査機関に申請し「技適マーク」を

取得しないと販売することができません。

普段あまり気にすることはありませんが、

日本で販売されている無線機系の機械には全てこの技適マークがついています。

技適マークがついていない商品を販売するとどうなる?

技適マークがついていない商品を販売した人は電波法違法に問われる可能性がありますが、

購入した人も同じく電波法違法として罪に問われることがあります。

電波は多くの人が利用していて、個人や企業には欠かせない重要なものです。

電波を使うには、使用するチャンネル、送信出力、無線機の技術基準など様々なルールの元で使用が許可されています。

技適マークがついていない、また電波に関する資格を持たない人が無線局を開設、

運用した場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を課せられます。

さらに公共性の高い無線局に妨害を与えた場合には、5年以下の懲役または250万円以下の罰金を課せられます。

購入者や他の人に通報されるとアカウント停止になることも

Amazonに技適マークがついていないことを通報されるとその商品の出品停止、あるいは出品者のアカウント停止になることもあります。

技適マークを取得していない海外輸入品は「違法輸入品」になります。

これは、輸入ビジネスの基本でもあるので必ず覚えておきましょう。

技適マークを取得するには?

技適を取得するのは素人にはかなり大変です。

まず、認証に必要なものは以下の通りです。

・各種書類
・テストパターンを送信できるモード
・認証費用

そして「各種書類」についてですが、個人で揃えるのは困難です。

・工事設計認証申込書
・申し込み設備の概要
・工事設計書
・無線設備系統図(ブロック図)
・部品表
・部品表に対応したデータシート
・部品配置図
・外観図
・アンテナパターン
・技適マークのラベル図
・製造工場のISO9001認定証書
・容易に部品を変えられないことを示す資料
・識別符号を送信していることを示すエビデンス
・最終製品の資料
・試験用サンプル

取得するには機器の技術資料、製造工場に関する資料など、販売元に協力がなければ提供することが難しい資料があります。

費用も少なくとも数十万円〜と考えておいたほうがいいでしょう。

技適マークを取得代行してくれる業者もあるので、海外の販売元が協力してくれるのなら代行サービスに頼むのもありです。

まとめ

無線機関連の商品を海外輸入する時には電波法に気をつけましょう。

Amazonでは技適マークのついていない輸入品を販売することは規約で禁止されているので、

最悪の場合、アカウント停止になることもあります。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)

もっと詳しいプロフィール

半自動収益システム構築【10日間集中マスター講座】

メルマガはコチラ
メルマガに登録して、豪華3大特典をゲット!

さらに!ライン友達申請で、電子書籍期間限定無料プレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA