ZOZOSUITがアパレルを変える

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スタートトゥデイが発表した、新しい試み「ZOZOSUIT」をご存知でしょうか。

このサービスはアパレル業界に大きく関係しており、Amazon輸入ビジネスをしている方も必見です。

今回は、ZOZOSUITについて説明詳しく説明します。

日本のアパレルが大きく変わるかもしれないので、必ずチェックしておきましょう。

ZOZOSUITとは

ZOZOSUITとは、ZOZOTOWNの会員になると、無料で入手することができます。

身体の寸法を一瞬で採寸できる機能を搭載しており、スマートフォンと連携させることで採寸したデータを保存できます。

ニュージーランドのソフトセンサー開発企業StretchSenseと共同で開発した、画期的な製品です。

スタートトゥデイの代表である前澤友作は、

「圧倒的な速度で世界中で無料で配りまくり、体重計や体温計のように一家に一台の存在にします。」と発言しています。

この背景には、スタートトゥデイのプライベートブランドがスタートするにあたり、

自社の製品に集計したデータを活用する狙いがあります。

その証拠に同社は、「データを元に一人一人にピッタリの服を提供する、

世界でも類を見ないファッション企業を目指す」と明言しています。

ECアパレルの未来

アパレルは、オンライン販売の中で購入率の低い商品です。

そこには、「試着できない」というオンラインショップが抱える大きな壁が存在しています。

実際に商品を販売しても「サイズが合わない」という理由で返品されるケースも珍しくありません。

そのような問題を解決する役割を担うのがZOZOSUITです。

試着できなくてもサイズがフィット感を確かめることができ、

アパレル商品の売り上げを伸ばすことが期待されています。

まとめ

「売れにくい」という理由で、今までアパレル商品を取り扱わなかった方も多いと思います。

しかし、ZOZOSUITが普及すると、簡単にサイズを採寸でき、売り上げ向上に繋がることが予想されます。

ZOZOSUITの登場で一番の恩恵を受けるのはZOZOTWONですが、

アパレルの売り上げが伸びるのは、同社に限った話ではありません。

サイズが簡単に知れることは、Amazonにも恩恵があり、アパレル商品の売り上げが上昇するチャンスになります。

Amazon輸入ビジネスの新しいトレンドはアパレルになるかもしれません。

これから輸入ビジネスを始めようと検討している方は、海外のアパレル商品がオススメです。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ