【MYC通信】購入者が求めてるもの

こんばんは!

無在庫輸入クラブMYCがお送りするMYC通信、
日曜日担当の0期のTINです。

今日は大阪で打合せをしておりました。

今は福井で米粉のぱんての同級生と
メシ食いながら打合せてます。

再来週に行われる

MYC上半期実績発表会という名の
オイサー太ろうぜin北海道ですが、

参加される皆さまの生の声は
オンラインウェブナーという形で
生放送されます。

ぜひ、北海道に行けない方でも
情熱ある発表を見て糧にしてください。

自分は、Amazonというよりも
6/13~15にカフェレスジャパンという
ビックサイトで行われる展示会の出展に向けて
おおわらわです。

開催中は、米粉スイーツの試食も行なっていますので、応援待ってます

(無料招待券送りますのでお願いします^^)

⇒ https://goo.gl/kMgN1J

今日は、初心者の方よりも
伸び悩んでる方やさらに高みを目指す方に
読んでいただきたいと思います。

 

8割の情熱と2割の理論という戦略

MYCは、
自分の目的を叶えるための手段なんですが、
目的だけではダメですよね?

目標があって数字があります。

その数字に向かって作業するわけなのですが、
間違った方向に情熱を向けても
これもまたもったいないわけです。

戦略とはそもそもなんでしょう?

あの皇帝ナポレオンは、
戦争に行く前に相手の国の情報を徹底的に集めます。

なので、負ける戦はしないので
勝ち続けることが出来ました。

戦略とは
戦わずして勝つこと

長期的に勝ち続けること

あなたのAmazonビジネスは
一過性では終わらない出口戦略はありますか?

長期的に勝ち続ける戦略はありますか?

いくら頑張る情熱があっても
しっかりと理論に基づいた方向がないと
短絡的な勝利で終わります。

MYCに飛び込んで
自己紹介チャットで書いた目的は
常に自分の軸として持ちましょう。

その8割の情熱を
MYCという正確な2割の理論に基づき、
戦略を立ててやっていきましょう。

価格競争で薄利多売で疲弊して辞めますか?

しかし、薄利多売で評価を稼いでカート取得率を上げるという戦略の過程であれば問題ないでしょう。

出口をどこに置くかです。

輸入禁止商品、知財警告該当商品を
出しているセラーからASINを抜いていますか?

ただやみくもなセラーリサーチなら危険ですが、
確実な出口戦略の差別化のテストという過程なら
OKでしょう。

それくらい戦略は大事です。

大越師匠は、戦略を練るプロやと思っております。

なぜ、儲からなくても良いショップを
地元に出すのか?などなど。

長期的な戦略ですね。

戦略より重要なMOGST

いきなり戦略、戦略言われても~

はい、自分も確実な戦略は変更しながら
日々思考錯誤しています。

MOGSTですが、
それぞれの英語の頭文字をとっています。

Mission 使命
何をするのか

Objective 目標
何を成し遂げたいのか

Goal 目的
どこまでやるか

Strategy 戦略
どうやって達成するか

Tactics 戦術
具体的に何をするのか

アメリカと日本では考えが違うのですが、
発想、思考、スタートそのものが違います。

日本
流行ってるものを売ろう。

アメリカ
流行りを作って売ろう。

アメリカの一例として、
ファインディングニモという映画がありますが、
この前提として黄色い魚が流行っているという事実があったようです。

それに基づいてあの映画が作られたとか。

表現が合っているか分かりませんが、
そういうニュアンスです。

自分であれば、
ピロール農法を広めたいという目的があり、
日本の農業を変えたいという使命があります。

世界進出が目標で、どうやって達成するかは人脈を作って達成します。

まずは具体的に展示会に出展して
露出認知を増やすという戦術ですね。

Amazonプレイヤーであれば、
使命、目的、目標は人それぞれですね。

戦略と戦術はMYCの環境を使って
やっていくことになります。

この環境を最大限に活用できれば、
目標達成に近づきますね。

より高みを目指すSTP分析

段々と絞れてきたら、
STP分析を行うことによって
グッと売上を上げていくことに近づけます。

Segmentation 市場細分化

Targeting 標的市場の決定

Positioning 自社の立ち位置の明確化

セグメンテーションでは、
ペルソナの事ですね。

大越師匠がよく仰る
購入者をイメージする事ですね。

人、年齢、性別、地域、人口密度、
ライフスタイル、購買契機など

ターゲティングでは、
無差別型、差別型、集中型と3つに分かれます。

無差別型はセグメントを無視して共通の物を提供します。大量出品の追求などですかね。

差別型では、ズラしですね。

青色が売れたら赤色というカラバリのズラし、
Sが売れたらMというサイズバリのズラし、
50枚セットが売れたら100枚セットを売るという
セットズラしなど。

集中型では、少数市場に力を注ぐ事ですね。

ライバル皆無で暴利を狙うとか。

重たいものはライバルが少ない、
○○万以上の高額はライバルがいないなど。

最後のポジションニングは、
よりライバルとの差別化をする
あなたの具体的な立ち位置です。

ターゲティングをより具体的に
ズラしていくことはもちろんですが、
ショップのバナーは市場のどの立ち位置か。

ショップ説明文は?
メールだけでなく電話番号があるのか、
古物商免許を公表してるのか。

色々ありますが、
自分の立ち位置、
購入者への見え方見せ方
考えてみてください。

難しい話しばかりでしたね!

いつも適当なことを言っているので
たまにはもっともらしい事を言ってみましたw

果たしてこれを真剣にやってみる方は
どれくらいいるでしょうか?

最後にぜひやってもらいたいことがあります。

左脳を動かす事です。

SWOT分析です。

あなたの強み弱み、情熱、機会、脅威

5分くらいのお時間でやってみてください。
やり方はググればいくらでも出てきます。

メインチャットなどに
パブリックコミットメントをすると
世界観が変わりますから
ぜひ、やってみてくださいね!

いつも長いんですが~笑笑

最後の最後にリスペクトしている方の
心に響いた事をシェアします。
(MYC向けにちょっと変えてます)

☆☆☆☆☆

簡単に稼げると思っている人程稼いでいません。

ビジネスは甘くありません。

大事な事は損したとしても退場するのではなく
自己責任としてしっかり勉強する事。

人のせいにしない。

同じ過ちをしない事。

普通の考え方を捨てる事。
「チャットとかを見て知識を得たと思ってはいけない」

アタマの中にも余裕を持つこと。
「情報を取り過ぎて余裕が無いのは危険」

余裕が無さすぎるのは危険です。

詐欺がほとんどだと知ること。

長期的に見ること。

稼ぐではなく増やす事を勉強。

木を見て森を見ずではなく森を見て木を見ること。

鳥の目虫の目魚の目。

これから世の中がどうなっていくのかを想像すること。

夢は達成してもまた新たな夢、志を持つこと。

5秒で決断する癖を付けること。

今日できる事を明日やらない事「時間を有効に使う」

仕事とは身体を動かす事だけを仕事と思わない事。

身体を動かさなくても頭をフルに使えば
何十倍何百倍の力を発揮できます。

人を妬まない事「妬んでも時間の無駄です。
妬む力があれば自分磨きに集中しましょう」

人に言われる事を気にしない事
「プライドはあると思いますが成長の邪魔になるので捨てる事も大事」

超一流に学ぶ事。
「二流、三流に学んでも二流、三流にしかなれません」

時間は有限を知ること。
「LINEやメールというツールがあるのに
簡単に人に電話して時間を奪うことはやめましょう。
先にメッセージでアポを取ることが大事な事です」

絶対的な自信を持つこと。
「最初は根拠のない自信でも無いよりは素晴らしいことです。」

はいた言葉を守ること。「言ったからにはやりましょう」

守破離を徹底「これは特に大事です」

これからもどんどん楽しんで行こう(^ ^)

☆☆☆☆☆

明日は、大越師匠のMMN!!
です!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

<<決して相談してほしいわけではないですが、誰にも相談できない方はこちら!>>

▼ 半年で32人のサスペンド解除をしたSkype相談窓口

⇒ https://goo.gl/r9D4MM

<<自分の個人的な取組は各SNSで覗き見ることが出来ます(只今、静かに始動中)>>

▼ 6月よりクラウドファンディング開始します!

facebook
⇒ https://goo.gl/MbfxpB

instagram
⇒ https://goo.gl/iQ6wHa

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ