基準値が高い低い、というよりは、正常か異常か?という観点も重要ですね

こんにちは。
大越です。

今日は、御茶ノ水でワークショップを開催しています。

主催者なのに、あやうく遅刻するところでした。。。
http://greek-ex.jp/L18843/bc0/2t4911

ちなみに、午前中のテーマは、

「無在庫輸入のフロー」 講師:石井さん(マルチワーカー)
「リサーチの概念」 講師:谷さん

基本的な項目ですが、
やはり、大枠から入っていくと、
初心者の方でも、スッと腹にハマるようです。

まぁ、言っても、

商品を選定して、出品する。
売れたら、買付け、発送。

という、シンプルな流れですから、
このフローの中で、自分だったらどうやってやろうかな。

というのを、ワクワクしながら、
受講されていることと思います!

同じ形式で、3月5日(日)に名古屋でも開催します!

まだ、間に合いますので、
ご興味ある方は、こちらからどうぞ!

http://greek-ex.jp/L18843/bc0/3t4911

今日のメルマガのテーマは、
「社会にあるおかしな基準値」

について、お話をしていきます。

今年から入会しております、ビジネスコミュニティBEC

ビジネス・エリート・クラブ「ベック」

昨日、第二回目の勉強会に参加させていただいて来ました。

第一回目は、無在庫輸入クラブMYC
「エムワイシー」の情報交換会とバッティングしてしまったため、
(この話は、特に意味はありません…笑)

僕にとっては、初の勉強会でした。

結論から言いますと、

めっちゃ、刺激をもらって帰って来ました!!!

BECの勉強会の講義の中で、
僕が一番腑に落ちた話が、

「社会にあるおかしな基準値」

ゲスト講師である、書道家の坂本先生のお話でした。

かんたんにまとめさせていただくと、

ビジネスとは、お客様に価値(喜び)を与えることである。

しかし、世の中には、
おかしな基準値が存在する。

例えば、会社や学校

上司や先生の言う事を出来る人=優等生
上司や先生の言うことができない人=劣等生

という図式が成り立ってしまっている。

上司や先生の言うことができない人でも、
人に価値を与えることが出来る。

うわぁ、確かに!

って、思いました。

僕もよくこの話はするのですが、
無在庫販売でも、転売でも、
お客様に価値を与えているから、
「利益」が出るのだと。

もちろん、プラットフォームの規約もあるでしょう。
周りの目が気になる人もいるでしょう。

しかし、その先に喜んでいる人がいることを忘れてはいけないと思います。

もちろん、法律や道徳心も忘れてはいけません。

「どれだけ人のために動けるか?」

やはり、ここがビジネスの原点だと思います。

坂本先生、素敵な講義をありがとうございました!

それでは、本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA