【MYC通信】クラファンで無在庫?

こんばんは!

無在庫輸入クラブMYCがお送りするMYC通信、日曜日担当の0期のTINです。

北海道での上半期実績発表会では、
いつものごとく、
実績のない発表をしてきました。

実績のない発表を
あえてする事に意義があります。

パブリックコミットメントですね。

みんなの前で発表して、
次の目標を公言することで
潜在意識に入るので、
目標達成のスピードは
格段に上がります。

6/21(木)は、MYCBBQですね!

少人数なので、
美味しいお肉を食べながら
コンサル会みたいになりそうですね?。

いや~、贅沢すぎる!

そして、6/23(土)は、
MYCアカデミーです!

上半期の発表を聞いて
下半期の目標を立てて
11月の沖縄に向けて行動しましょう♪

懇親会は
久しぶりに朝まで行きますよー!

クラファン戦略や
展示会の話で良ければ
いくらでも~w

さてさてMYC通信では、皆さんガッツリAmazonネタをお届けされてるので、前フリのお米事情をお伝えしますw

最近のお米事情はこちら

⇒ https://goo.gl/5AGx8N

 

クラファンで無在庫?

北海道でも触れた
クラファンです。

前回もお伝えしたように
6/13~15に開催される
展示会に出展します。

それに合わせて
クラウドファンディング(クラファン)を
活用しようと準備をしているわけであります。

いや~、ナメてました。

ナメてはないのですが、
戦略的にやろうと思うと、
いかに仕込みが大事か。

クラファン実行の約70%は
失敗してるんですね。

ただ、やればいいってもんではないんですよ。

Amazon無在庫輸入も同じです。

ただ、ATSで出品すれば
あとは勝手に自動で売れるわけでは
ないのはご存知かと思います。

クラファンとAmazon無在庫、
似ていてなかなか面白いですよね。

クラファンでは無在庫とは、

プロジェクトを実施する
(売りたい商品を提案する)

購入者が支援する
(ユーザーが買う)

プロジェクト終了後に発送する
(先行予約販売)

ここで市場の反応も見れますし、
販売したい価格が受け入れられるのか、
調査をすることも出来ますね。

需要を先にとって供給する

ハマると想像以上の販売数を獲得できます。

想像以下であったとしても、
有効なプロモーションになりますね。

顧客リストの活用

Amazonでは商品が売れた際、
顧客名、顧客住所、電話番号が
手に入ります。(小声)

基本は、商品購入から
お届けまでの対応でのみの利用になります。

クラファンも支援をしてくれた方の
リストが手に入ります。

このリストは、
商品を購入(支援)される方なので、
見込みとかではなく濃いリストですね。

そして、商品を発送する際には、
商品カタログやお手紙などを同封する。

LINE@追加を促したり、
他の商品情報を提供する、
キャンペーン予告をするのもいいです。

他にも色々と考えているのを
今回実行するわけなんですが、
インフルエンサーを活用したりと、
あとあと提供できるノウハウを
作ります。

アイディアひとつで、
新規獲得からリピーター戦略、
LTVに繋げるところまで
やり方次第ですね。

融資と卸物販

クラファンの良いところは、
数えきれないほどありますが、
プロジェクトを行うことで、
商品の需要が誰の目にも明らかになります。

それは、日本全国のユーザーから
バイヤー、メーカーの担当者、銀行マン、
大企業の経営者と国内問わず、
世界からもアツい視線が注がれます。

まず、プロジェクト達成金額と
プロジェクト終了日が明確なため、
銀行融資が即決で受けれます。

想像以上の支援数(受注数)があると、
キャッシュフローも想像以上なんてことも。

そんな時には、
銀行さんからお声がけを頂くことも。

お互いにwinwinですよね。
購入者も笑顔でthreewin!

実際に方向性的にも実例がありますが、
卸物販も即決で決まっていきます。

ガジェット系や、
日本未上陸のアメリカ商品、
先にそれを知るという情報さえあれば、
プロジェクトを実施して世に出すことで、
東急ハンズや全国展開の店舗にも、
卸してよと向こうからお声がかかります。

もちろん、運的要素と戦略は必要です。
が、やったもん勝ち、行動したもん勝ちです。

ただ、な~んか
ドラマ「陸王」を
思い出しちゃうんですよね。

アツい人、楽しいところに人は集まる的な。

他にもメリットは数えきれず。。

今年はクラファンに力を注いでいきます。

ただし、クラファンもATSも使い方次第。

誰でも出来るけど、
やり方は無限大。

今回のクラファンは、
テスト的要素満載。

10月に、

「日本をピロール化したい
ピロール村を作ろう!」

このプロジェクトを本番に、
また色々と仕込んでいきます。

Amazon無在庫も、
セラーからマネタイズして、
売れたものから派生して、
仕込みが大事ですね。

物販の本質、
マーケティングの本質、
基本の原点はどれも同じです。

稼ぐためにって、
自由になるためにっていいますが、
それ以前に、人から対価としてお金を頂く。

ここをブレないようにして
楽しんで夢を叶えていきましょう♪

明日は、北海道で重大発表をされた
大越師匠のMMN!!
です!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

<<決して相談してほしいわけではないですが、誰にも相談できない方はこちら!>>

▼ 半年で32人のサスペンド解除をしたSkype相談窓口

⇒ https://goo.gl/5BY4Fn

<<ようやくハッピーロールは、各SNSが揃いました>>

▼ 6/6クラウドファンディング、スタート!

ピロール農法を広めるマガジン
⇒ https://goo.gl/JaFebA

facebook
⇒ https://goo.gl/f4XsBG

instagram
⇒ https://goo.gl/3ASdJy

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ