【輸入ビジネス】輸入ビジネスにオフィスは必要?

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「輸入ビジネス」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

副業で輸入ビジネスを成功させる方法に、専用のオフィスを持つことがあります。

もちろん、オフィスがなくてもパソコンがあれば、輸入ビジネスはできますが、副業で空いた時間を有効に使うには、仕事に集中できるオフィスがあると便利です。

また、オフィスの賃料や電気代、通信費などを経費として節税するなどメリットが多いので、副業の輸入ビジネスを大きく成長させたい人は、輸入ビジネスのオフィスの必要性や、開設する方法などの情報をぜひチェックしてください。

輸入ビジネスにオフィスはなぜ必要?

副業として輸入ビジネスを行うメリットは、会社までの通勤時間や休み時間を有効に活用できることで、パソコンやモバイル端末があればいつでも作業ができます。

それでも、輸入ビジネスにオフィスが必要な理由は、通勤電車の中やコーヒーショップなど、周囲に人が居ると作業に集中できないためで、専用のオフィスを利用することで断然仕事がはかどるでしょう。

事業の信用度もアップし節税もできる

輸入ビジネスを始めたら、個人事業主として税務署に開業届を提出しますが、その場合は事業所の住所を記入する必要があるので、手続き上は輸入ビジネスのためのオフィスを開設したことになります。

自宅の一部をオフィスとして届け出をしておけば、家賃や光熱費などのうち事業に使った分のみを、また貸事務所などを借りた場合は、全てを経費として計上できるため節税になります。

輸入ビジネスのホームページを開設する際にも、屋号の他に住所と電話番号が必要ですので、オフィスとしてきちんと登録しておけば、仕入れ資金を調達する融資先を紹介してもらう際に信用度がアップし、ビジネスチャンスが広がります。

輸入ビジネスでオフィスを開設するには

輸入ビジネスでオフィスを開設するには、まず自宅の一部をオフィスにする方法があり、これなら費用が掛からないので輸入ビジネスを始めて間もない人にはおすすめです。

どうせなら、自宅の一室を完全にオフイススペースとして、専用のデスクやファックスなど必要な物を揃えて置けば、より仕事に集中できるでしょう。

次にレンタルオフィスを利用する方法では、仕事をするための設備が全て揃っており、また交通の便の良い場所にあるため、会社帰りや自宅から通うのにも都合がよく、副業のための時間をより有効に使えます。

他には広いフロアでデスク一つ分のスペースを貸し出すシェアオフィスや、コワーキングスペースがあり、同じ副業をしている仲間などがいる場合は、情報交換ができるというメリットがあります。

また、極力費用を掛けたくないという人は、バーチャルオフィスで開業に必要な住所と電話番号のみを提供してもらうこともできます。

まとめ

副業の輸入ビジネスを成功させたいなら、専用のオフィスを持ちましょう。

オフィスがあればより仕事に集中でき、節税効果や事業の信用度が高まるなど多くのメリットがあります。

自宅をオフィスにしたり、レンタルオフィスやシェアオフィスなど方法はいろいろあるので、輸入ビジネスをするならぜひオフィスを開設しましょう。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA