スマホ老眼が今社会問題!20代で老眼になる若者が急増中

こんにちは!

半自動収益システムSemi-Automatic Trading System(SATS)のブログをお読みいただき、

ありがとうございます!

本日の記事は、「Amazon輸入」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代~30代で近いところが見えないという若者が近年増えてきています。

原因はスマホと言われており、患者人数が深刻化しています。

なぜこのようなことになったのでしょうか?

スマホ老眼とは

スマホ老眼とはスマホの使い過ぎ、見過ぎで一時的に目のピント調節機能が衰えることで、

日常生活をきたすほどの視力になってしまう病気のことです。

スマホやタブレットを長時間使う20代~30代の若者に多く、

スマホが登場した2010年代から広まってきたと言われています。

大手眼鏡小売り会社のメガネスーパーでは全店舗で月に3000人ものスマホ老眼とみられる人が来店してきています。

スマホ老眼になるとどうなってしまうのか?

スマホ老眼になると、遠くの物だけでなく、手元の物までぼやけて見えるようになってしまいます。

さらに目の奥の痛み、肩こり、頭痛など、その他の病も引き起こしてしまいます。

これが重症になると、自律神経に影響を与え、不眠や鬱になってしまうのです。

スマホ老眼の原因

アメリカの大学の研究によると、本や文字を見るときよりもパソコンやスマホを見るときの方が

まばたきの回数が少ないという結果がでています。

つまり、それだけ光を多く目に取り入れてしまうので、視力の低下や目の病を引き起こしやすいということです。

さらに、パソコンやテレビと比べて、スマホを見る距離の方が近いので、

それだけ目が光りにやられてしまうリスクやダメージが大きいです。

老眼は本来40代からのもの

本来、老眼とは加齢で目の水晶体やピントを調節する機能が衰えて、

近くの物が見えなくなってしまう病気なのですが、現代では、スマホの普及によって、

目の機能にダメージを与えられ、20代でも目が見えなくなってしまいます。

スマホの場合、一時的に目の機能が低下するだけなのですが、

あまりにもずっと見続けていると、40代の人たちがなってしまう老眼と同じような病に陥ってしまいます。

スマホ老眼になった場合の対処法

とにかく目を休めて遠くの山や自然、緑の風景を見るのがスマホ老眼の治療法と言われています。

10分に1回、4~5メートル先を見ながら、たまに目を濡れタオルなどで温め、血行を良くすることが効果的です。

<まとめ>

スマホ老眼とは、スマホの長時間の見過ぎで、若い世代でも目が見えなくなってしまう病気のことでした。

現代社会ではもはやスマホを避けることはできないですが、ちょっとでも目を休めて遠くを見る習慣が大切ですね。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA