Amazonが現在抱える問題について

【Amazon輸入】Amazonが現在抱える問題について

こんにちは!

本日の記事は、「Amazon輸入 / 物流」に関する記事となります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Amazonでは、利用者が満足できるように日々サービスの質を向上させるため、

様々な取り組みを行い問題を解決しています。

しかし、その中で具体的な解決がされていない問題がいくつかあります。

この問題は私たちAmazonセラーにとっても大事なことです。

今、Amazonが抱える問題について少し紹介したいと思います。

Amazonで今起こっている問題その1.アカウントの乗っ取り

Amazonで問題視されていることの一つに、『アカウントの乗っ取り』があります。

2017年4月頃から頻発しており、自分のアカウントを第三者に乗っ取られ、

悪用される手口が頻発しています。

第三者は、乗っ取ったアカウントで詐欺出品を繰り返し、

新品で購入すれば数万円もするような商品をたった数百円で詐欺販売したり、

現在出品している商品の価格を異常に安い金額に変更したりします。

先日テレビやネットでも報道され、被害に遭った方は購入者や販売者は

相当な数に昇ると言われています。

今の所、具体的な対処はされておらず、

信頼して購入した人たちからの信用を大きく失ってしまいました。

詐欺に繋がった経緯も、Amazonセラーへ対しての出品審査が

甘いことが指摘されています。

利用者の信頼を高めるために、今後より一層審査が厳しくなる事が予想されます。

Amazon側は、購入者に対して通常よりも安く販売されている商品には

注意するよう呼びかけが行われています。

私たちAmazonセラーもパスワードを連想されにくいものに変更をしたりと対策が必要です。

Amazonログインする時、二段階認証すると安全

アカウント乗っ取りを未然に防ぐためにおすすめの方法があります。

その方法とは、Amazonログインを二段階認証にすることです。

Microsoft Authenticatorという”認証アプリ”をスマホにインストールして、

Amazonアカウントオプションの[高度なセキュリティ設定]にて連携させることで二段階認

証をすることができます。

設定の仕方についてはこちらのページを参考にしてください。

https://goo.gl/buAdje

Amazonで今起こっている問題その2.ヤマト運輸問題

Amazonでは宅配契約を結んでいるヤマトとの運輸問題を抱えています。

ヤマト運輸ではAmazonからの荷物が多いため、一般の配達業務に支障をきたしたり、

ヤマト運輸従業員への残業未払いなど深刻な問題に悩まされています。

その対策として2017年9月末までに配達時間の削減、

配送料の全面値上げをすると方針を固めています。

2014年には佐川急便との宅配値上げ交渉が上手くいかず、

Amazonとの取引が中止されました。

以前までは佐川急便とヤマト運輸がAmazonの宅配を3/4を占めていました。

佐川急便の撤退から、全ての荷物がヤマト運輸に任されるようになり、

ヤマト運輸では過剰配達による過酷な業務とそれに伴う残業代未払い問題、

さらには深刻なドライバー不足に頭を悩ませています。

配達による利益も少なく、さらには再配達による赤字になる仕組みから

今回の配達料全面値上げに発展しました。

ヤマト運輸が撤退するとどうなる?

Amazonの荷物をほとんどがヤマト運輸がシェアしているので、

Amazonにとって死活問題になってきます。

購入者への無料配達ができなくなる可能性や低コストで配達する事ができなくなるので、

一定の額以上の買い物で無料や、アマゾンプライム会員のみが

無料配達される可能性があります。

Amazonにとって無料配達はまったく利益が出ないのでヤマト運輸の撤退は、

今後の活動にかなりの影響がでると予想されます。

まとめ

アカウント乗っ取り被害やヤマト運輸との配達問題について紹介しました。

Amazonの信用は私たちの売上にも影響があるので今後のAmazonの動向に注目がされます。

 

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA