無在庫販売におけるリサーチの概念とは

01

こんにちは!
大越です。
昨日は、牛丼を食べた後(笑)
渋谷の牡蠣がおいしいオシャレなダイニングへ行ってきました。

https://goo.gl/gCo3gK
私は、欧米輸入商品を無在庫で販売しております。
いわゆる大量出品方式です。

仕入れられる商品を、
端からすべて出品していくという手法ですね。
正直、「リサーチ」という概念は、
あまりないのですが、

インターネット販売において、
最も重要な作業のひとつ
それが、「リサーチ」です。

昨日もお話をしましたが、
「リサーチ」というのは、

「需要と供給とタイミング」
を見極める作業だと私は考えております。
初心者で陥りやすい、
リサーチの大きな間違いは、

「価格差を見つけること」

これを重視してしまうことです。
価格差というのは、
転売において利益を上げるために必要な要素ではあります。
ただ、価格差は変動します。
そして、商品が売れなければ意味がありません。
とは言っても、無在庫販売において、
出品するリスクは限りなくゼロですので、
出品することには意味があります。
しかし、この作業は「リサーチ」ではなく

単なる販売場所毎における
「価格差を見つける作業」

でしかないということです。
昨日も、みんさんeBay輸出をされている方なのですが、

 

SAL便で送らないと利益がとれないんです。。。
出品できる商品が見つかりません。。。

 

という悩みが多かったですね。

 

まずは、販売先を気が狂ったように見ることからですね。
初心者のころの一番効果的なリサーチ方法は、
売れてるセラーが何をしているかをリサーチすること
単純にそれを真似ていけばよいです。
それでは、本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

メルマガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


オフィシャルメールマガジン

大越雄介オフィシャルメールマガジン

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

プロフィール

大越雄介
名前:大越雄介
性別:男性

1979年生まれ 東京都在住

2014年 約8年勤めた会社を退職し、インターネットビジネスで独立

すぐに輸入ビジネスで月収30万円を稼ぐが、その後停滞

教材、塾などを買い漁る日々 いわゆるノウハウコレクターに

2015年 小玉歩さんの主催するFMCに入会

それまで行っていた、ビジネスを再構築 完全自動化を図る

2015年 8月 月収100万円を達成

自らのビジネスを成長させながら、ビジネスコンサルタント、スクール運営を行う。

また、発送代行業の役員として参画

無在庫輸入のすすめ

著書


ページ上部へ戻る