Amazon無在庫輸入の裏ワザ「ライバルセラー」からリサーチするのは?

【Amazon無在庫輸入:裏ワザ】第二回:売れた商品からのリサーチ#1「ライバルセラーをぶっこ抜く」

こんにちは!

本日は、動画【Amazon無在庫輸入:裏ワザ】第二回:売れた商品からのリサーチ#1「ライバルセラーをぶっこ抜く」をお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前回は、複数アカウントを使ってスーパーアカウントを作るというお話でした。
今回は、そのスーパーアカウントを利用して、
「ライバルセラーをぶっこ抜く」ための方法について解説しています。
価格競争でライバルとどう戦っていくか?

●ライバルセラーとはいったいだれ!?
●メインターゲットは「日本」?
●ライバルセラーをぶっこ抜くとは?

ライバルセラーとは?利益が高い商品について深く追ってみましょう!

このシステムは独自の利益管理システムでISMSというシステムです。
その中で見ていくのは、利益が高い商品を深く追ってみましょう。
5,000円くらい利益が取れるといいなというなか、
先月売れた商品のなかから、「Lalawow車用ドッグシートカバー ズレ防止 防水保管バッグ付き」について見てみましょう
Amazonでは、14,888円で販売されていて、新品の出品が29人、ライバルセラーが増えてきている商品です。
これがアメリカではいくらで売られているかというと、29.85ドル!
こういった商品がばかばか売れている!これが無在庫輸入の特徴ですね。

売れた商品のセラーを見ていくだけ!?メインターゲットは発送元が「日本」?

最安値付近で戦うのもいいけれど、もっと利益率をあげたい!
差別化するポイントとは!?何なのか探っていきましょう。
これで売れてるの?この人売れているの?
ということってありませんか?
でも、この商品が実際に売れているわけなので、
1、「値段」「送料」「ポイント」
2、コンディション欄、評価、店名、配送期間、配送元と見ていったところ、
ここで、見るポイントは、発送元が「アメリカ合衆国」となっているセラー。
このセラーは我々と同じやり方をしている人。
ここでターゲットとなるのは、発送元を「日本」となっている人!となります。

評価の高いセラーをぶっこ抜く?

最安値付近で戦うよりも、利益率を上げたいですよね。
評価の高いセラーを狙うには、まず「出品者のプロフィール」をチェックします。
評価の高いセラーをモデリングすることで利益率をアップを実現!
評価の高いセラーさんのスコアフロントを見ると、自分と同じ売れた商品を扱っているが、
新規出品者にも関わらず、50万品も出品している?
ということは?
どういうこと?
このセラーを全部ぶっこ抜いて、売れる価格に設定したら、めちゃめちゃ売れるのでは?
というかなり裏技的なやり方です。

ただ一つの注意点は?

新規セラーであるということは、出品している商品が危ない可能性も高い?
輸入できない商品?など、危険な商品である可能性もあるので、
事前にフィルタリングをかけて守りを鉄壁にしておくことが大切です。

The following two tabs change content below.
★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ

最新記事 by 大越 雄介 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★かんたんなプロフィール★
名前:大越雄介
性別:男
1979年8月18日生まれ
株式会社LLR Marketing代表取締役
個人事業主(貿易業)
メルマガはコチラ